大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立民族学博物館 閉じる

梅棹 忠夫アーカイブズ

 梅棹忠夫(1920-2010)は生涯をとおして、地域も分野も既存領域をこえて活動しましたが、そのつど、みずから記録し、関連した学術資料を収集、保管してきました。

 梅棹忠夫アーカイブズには、彼のフィールド・ノート、スケッチ、写真など、現地調査で生成された一次資料だけでなく、さまざまな発想、原稿のアイデアや梗概を記したカード、原稿、著作物、書評、蔵書など知的生産活動に関わる資料のほか、学術調査探検隊や学会の組織活動、学術行政、文化行政、国際交流、日本万国博覧会をはじめとした各博覧会への関与、民博創設・運営に関係した会議録など、梅棹の生涯を通じた活動に関する資料のほとんどすべてが含まれています。

 それらの概要は、まず「全リスト」をご覧ください。

 データは随時更新しています。

 なお、本アーカイブズのデータ作成・デジタル化・ウェブ公開にあたっては、「科学研究費補助金・研究成果公開促進費(データベース)」による支援を得ています。

●  データベースご利用にあたっての注意

  • リストのなかには、膨大な量のため閲覧に時間のかかるものがあります。ご了承ください。
  • データベース中で表示している文字情報、画像情報のコピーは行えません。
  • このデータベースは、Internet Explorer9以上でご利用いただけます。
  • このデータベースは、文字コードUTF-8で作成しています。
  • クッキーを使用しています。ブラウザのセキュリティレベルを高くするとうまく動作しない場合があります。
  • ブラウザの「戻る」ボタンは使用しないで下さい。
●  制作スタッフ
●  お問い合わせ
●  梅棹忠夫関連略年表