杉浦 健一(すぎうら けんいち)アーカイブ ノート類

ノート類 アンケート

Excelファイルのダウンロード

戻る

資料No. 封筒No. 内容 タイトル 挟み込み資料、他 備考 形態
    紐で結束 (No.1-No.48) 「法律etc. 雑(非地域)」の付箋つき        
1 ノート(引用)  M-問題-43(東印-宗8)  [1]Hurgronje, Het Mohomedanisme [2]Kroeber, Stimulus Diffusion A.A. vol.42, 1940.pp1-20  [3]Dictionary of Sociologyの諸項目   ①メモ1枚    大學ノート(B5)  
2 ノート(引用)  M-地域-1 Sumatra-1  [1]Sumatra総論 歴史 [2]Zondervan, Z.F.E., Das volkergemisch Sumatra (1930) 60: 244-248[3]Hallowell, Culture and Mental Disorder, J. abu. & Social Psycology 1934-35 vol.29 pp.1-9 [4]Couper, John M. Mental Disease Situations in a Certain Cultures-A New Field for Research, J. abu. & Social Psycology1934-35 vol.29 pp.10-17 ・Faris, Some Observations on the Incidence of Schizophrenia in Primitive Societies, J. ab. & Social Psycology vol.24 pp.30-31 [5]Loebのスマトラの法論(pp.301-303) [6]Hallowell, Freudian Symbolism in the Dream of a Saulteaux Indian, 1938 No.45         大學ノート(B5)  
3 ノート(引用)  M-総-0のⅠ  Die Völker der Astindischen Inseln (Waitz-Anthropologie der Naturvolker V.Teil, Die volker der Sudsee s.10)  ①地図(蘭印)1枚    大學ノート(B5)  
4 ノート(引用)  M-問題-27(東印社会組織3)  インドネシアの社会組織Ⅱ      大學ノート(B5)  
5 ノート(引用)  M-問題-23(大型ノート)(東印法制-3)  [1]Mlandsch Landbezit, African Land Problem pp.113-137 [2]Malinowski, African Land Problem      大學ノート(B5)  
6 ノート(引用)  M-問題-37(東印宗教-2)  [1]Community Study I [2]Het Animizme [3]諸種の新傾向 Miner Trend 23 [3]Community Study (folk-society)の研究 24, Meggers, Recent Trend in A. Ethnology, vol. 48, 1946. No.2      大學ノート(B5)  
7 ノート(引用)  M-地域-2 Sumatra 2  [1]Atjeh 第一部(39-62) 第二部(62-79) [2]Gajo en Ales  ①カードメモ2枚②白紙1枚    大學ノート(B5)  
8 ノート(引用)  M-地域-3 Sumatra 3  [1]Joustra, De Minangkabausche Maleiers vol.1 pp.151-176 [2]Van Eerde, De volker van Nederlandsch-Indie pp.151-176  ①ジャワ語に関するメモ1枚    大學ノート(B5)  
9 ノート(引用)  M-地域-4(Sumatra 4)  Sumatra 南スマトラ G.F. de Bruijin Kops, De Zuid-Soematraansche Maleiers vol.1 pp.179-  ①報告会開催通知1枚(昭和18年7月2日付・講演「南方共栄圏の祖霊崇拝」)    大學ノート(B5)  
10 ノート(引用)  M-地域-5(Sumatra 5)スマトラにおける母系氏族の分布  Wilken, De Verbreiding van het Matriarchaat op Sumatra (1888) 163-215, 171-195 *第二部本ノートは171-195 第二部は小型M-地域-20      大學ノート(B5)  
11 ノート(引用)  M-地域-6(Borneo 1)  Ⅱ. Borneo (1) Körner 総論      大學ノート(B5)  背破損有
12 ノート(引用)  M-地域-7(Celebes-1)  (1)Richter, Unsere Gegenwartige Kenntnis der Ethnographie von Celebes. Globus 88 1905 s.154-, s.171-, s.191- (2)Juynball, celebes.(Katalog) Katalog des Ethnographischen Reichsmuseums Celebes Ⅰ süd selebes XVI 1922  Ⅱsüd, südost, ost, mittel Celebes XVIII 1925 Ⅲ mittel, nord celebes サンギル、ダラウト XIX 1927      大學ノート(B5)  背破損有
13 ノート(引用)  M-地域-8(Celebes-2)  (1)Körner 総論 (2) Adriani, De Bewoners van Midden-Celebes vol.2 pp.1-32 (3)Kielstra, De Bewoners von Noord-Celebes vol.3 pp.35-56       大學ノート(B5)  
14 ノート(引用)  M-地域-11(モルッカ-1)  [1]Körner 総論 [2]Lasschut, De Bewoners der Noordelyke Molukken vol.2 s.59-79(ハルマヘラ) [3]Boes, De Bewoners der Zuidelyke Moukken vol.2 s.80-103 第一部 Ambonsche volk *別ノート 第二部 Ceram島 ランインⅠ 第三部 Boeroe, Banka(インドネシアの最東部)      大學ノート(B5)  
15 ノート(引用)  M-地域-13(小スンダ-1)  [Ⅰ]Fischer, Rassers, Die Östlichen Kleinen Sunda Inseln [Ⅱ]Körner 総論 [Ⅲ]Beckering, De Bevolking van de Timor-Groep      大學ノート(B5)  
16 ノート(引用)  Ⅰの(4) Classification systemとmarriage. Rivers  Marriage      大學ノート(B5)  
17 ノート(引用)  Ⅰの(6) a  Sib組織Ⅰ    ①メモ1枚  【裏表紙】Giddings, Descriptive and Historical Sociology 1906  大學ノート(B5)  
18 ノート(引用)  Ⅰの(6) b Sib組織Ⅱ    ①メモ1枚②sib組織の構成物(sibⅡnote p.7)よりメモ4枚③メモpp.3-7(pp.1-2欠落?)④メモ1枚    大學ノート(B5)  
19 ノート(引用)  Ⅰの(1) a (1) 家族  原ノート(原ノートにも特色あり)  ①家族についてのメモ2枚②メモ3枚    大學ノート(B5)  
20 ノート(引用)  Ⅰの(1)b (1)  家族  改正ノート  ①メモ2枚②メモ2枚綴じ込み    大學ノート(B5)  
21 ノート(引用)  Ⅰの(7)  class system, marriage ruleとdescent ruleと、濠州とAmbrym    【裏表紙】Schigman, Aymmetry in Descent 1928, pp.533-558.  大學ノート(B5)  
22 ノート(引用)  Ⅰの(3)a  親族呼称の研究態度  ①Fox, Social organization in San Cristoval J.R.A.S. 1919 p.94②白紙1枚    大學ノート(B5)  裏表紙破損有
23 ノート(引用)  V H5  [1]Herskovits, Man and his Works. The Science of Cultural Anthropology 1948 V [2]Part IV The Structure of Culture つづき Chapter 12-14[3]Part V The Aspect of Culture Chapter 15  ①語彙メモ1枚    大學ノート(B5)  
24 ノート(引用)    H.K. Haeberlin, Anti Proffesions: a Reply to Dr. A.L. Kroeber A.A. vol.17, 1915 pp.756-759      大學ノート(B5)  表裏表紙なし
25 ノート(引用)  A-3総括論  Social Organization of Australian 総括論426-456(小型ノートで一応済み)  ①空封筒1枚    大學ノート(B5)  
26 ノート(引用)  A-4総括論  Social Organization of Australian II  ①メモ8枚(白紙2枚)《クリップ留め:錆びのため撤去》    大學ノート(B5)  
27 ノート(引用)  A-8 WarnerのMurngan族 Australia大型IV  [1]Kinshipの研究 [2]Subsections=Class system    図1枚貼付  大學ノート(B5)  
28 ノート(引用)  A-10 Australia大型V Kinship  [1]McConnel, The Wik Munkam and Allied Tribes of Cape York Peninsula Oceania vol.IV [2]Elkin, Kinship in South Australia p.38. Oceania vol.8 pp.419-452, vol.9 pp.41-, vol.10 pp.196- [3]Lowie, Relationship Terms E.B. Australiaの部のみ      大學ノート(B5)  
29 ノート(引用)  N-3 New Guinea II (Community Study II)  [1]Radfield, The Folk Society and Culture. American Journal of Sociology vol.45 1940 pp.731-742 [2]Dollard, J., The life history in community studies. American Social Review vol.3 1938 pp.724-737 [3]Saul D. Alinsky, Community analysis and organization A.J.S. vol.46 1940-41 pp.797- [4]Florence R. Kluckhohn, The participant-observer technique in small communities A.J.S. vol.46 1940-1941 pp.331-      大學ノート(B5)  最終頁外れ
30 ノート(引用)  Boar, Biological Premises  Edwards, Des Caracteres Physiologiques des Races Humaines Consideres dans leurs Rapports avec l'Histore 1829      大學ノート(B5)  
31 ノート(引用)  GillinⅠ G1  J. Gillin, The Ways of Men: An Introduction to Anthropology I  ①カードメモ1枚②カードメモ2枚③カードメモ2枚    大學ノート(B5)  
32 ノート(引用)  Gillin III  G3  [1]Chapter 6 Hereditary Varieties of Modern Man(つづき) [2]Herskovits, Part 6 Cultural Dynamic. Chapter 28 Chapter 29      大學ノート(B5)  
33 ノート(引用)  Gillin IV  G4  [1]J. Gillin, The Ways of Man [2]Chapter 7 functional aspects of sex & age Chapter 8 adaptive inperative of the organism Chapter 9 the elements of culture and social life  ①カードメモ1枚②白紙1枚    大學ノート(B5)  
34 ノート(引用)  社会組織ノートⅠ  [1]G. Gordon Brown & James H. Barnett, Social Organization and Social Structure. A.A. vol.44 1942 No.1 pp.37- [2]Royal B. Hassrick, Teton Dakota Kinship System A.A. vol.46 1944 p.338      大學ノート(B5)  
35 ノート(引用)  Herskovits, Man & His Works: The Science of Cultural Anthropology 1948 IV  [1]Part 3 The Materials of Culture Chapter 9 & 10[2]Part 4 The Structure of Culture Chapter 11 & 12  ①カードメモ3枚    大學ノート(B5)  裏表紙なし
36 ノート(引用)  Culture論 ⅩⅣ  [1]Hodgen, The Doctorine of Survivals A.A. vol.33 307-324 [2]紹介本(裏面の目次)  ①メモ3枚    大學ノート(B5)  破損大、補修有
37 ノート(引用)  文化論-VIII 文化論IX  (1)Kroeber, Disposal of the Dead. A.A. vol.29, 1927. pp.309-315. 3-10 (2)Kroeber, Stepdaughter Marriage. A.A. vol.42, 1940. pp.562-570. 11-13 (3)Kroeber, Stimulus Diffusion. A.A. vol.42, 1940. pp.1-20. 14-17 (4)Die Abwendung vom Evolutionismus und die Hin wendung zum Historizismus in der Amerikanistik. Anthropos vol.16-17, 1921-22. S487-519. Lowie, Goldenweiser, Noldenskiold, Krause, Sapir, Kwikenberg. 18-終わり [5]Preuss, Die Relwgiom トーラミズムをDamonの関係比較で見てきたもの 民族学教科書?86-88      大學ノート(B5)  
38 ノート(引用)  H8   [1]VIII Herskovits. Man and his works:  The Science of Cultural Anthropology. 1948. VIII [2]Part VI. Cultural Dynamic. Chapt.27 Cultural Origins and Cultural Evolution. Chapt.28 Conservaion Invention これはGillinノートIIIのつぎにあり、Chapt.30 Diffusion and the Reconstruction of Cultural History 余りは余白  ①メモ1枚    大學ノート(B5)  
39 ノート(引用)  文化論XIII  Malinowski, Culture. M氏, Culture Iは「総-46」(小型)Murdock, Double Descent. Benedict, Marital Property Rights in Bilateral Society.の■ノート      大學ノート(B5)  
40 ノート(引用)  Political Institution    ①メモ1枚②メモ2枚          【表紙裏】Kingsley Davis, (Columbia University) Human Society (The Macmillan Company) 1949. Part IV. Major Institutions. 18 Political Institutions. Political Control. Function of Government. 具体的実例、Internal Functions.  大學ノート(B5)  
41 ノート(引用)    A.I. Hallowell, Personality Structure and the Evolution of Man. A.A. vol.52, 1950. pp.159-173.      大學ノート(B5)  
42 ノート(引用)  昭和16年民族学研究  [1]W.K. Gregory, The Bearing of the Australopithecinae upon the Problem of Man's Place in Nature. Amer. Jour. Phy. Anthropol. [2]Abbe Henri Breuil, The Discovery of the Antiquity of Man. J.R.A.I. vol. LXXV, 1945.      大學ノート(B5)  
43 ノート(引用)  法律-10  R.F. Barton, Ifugao Law. University of C. Publication of American Archaeology and Ethnology vol.15 no.1 pp.1-186. 1919      大學ノート(B5)  
44 ノート(引用)  未開人の生計-5  Lowie, Subsistence.     【表紙裏】Ⅰ.Bunzel, Economic InstitutionのHistoric factor. 1-4. Ⅱ.Lowie, Subsistence. 5. General Categories. 280. 5-10. Appraisal of the Hunting Stage. 285. 11-19. Plan ned hunting. (16-17) Cultivation 290.別のノートへ[3]Domesticated Animals. 302. 20 [4]Pastral Nomadism 312. Economic Determinism o Culture. 318. 31.  大學ノート(B5)  
45 ノート(引用)  法律-12 未開法 Thurnwald I  Thurnwald, Ethnologische Rechtsforschung. 280-306.      大學ノート(B5)  
46 ノート(引用)  法律-13 未開法 Thurnwald II  Thurnwald, Ethnologische Rechtsforschung. 280-306.      大學ノート(B5)  
47 ノート(引用)  法律-18  [1]Giuseppe Mazzarella, Die Neuen Methoden der Ethnologischen Jurisprudenz. Archiv fur Anthropologie. N.F. Bd. V, 1906 [2]Wallis      大學ノート(B5)  
48 ノート(引用)  法-20 政法-7 未開政法の三方面  (1)未開政法の三方面 [1]Authority Public Opinion [2]Sapir, Custom [3]Lobingier, Customary Law      大學ノート(B5)  裏表紙破損有
    紐で結束  (No.49-No.78)  「年令団 feast Technology Kinship 財、実民」の付箋つき        
49 ノート(引用)  年令団-2  Age-Grades I AgeSociety I (Lowieの概論)[1]Rivers, Social Organization. Chapter VII Fraternities and Secret Societiesの■的の部分 (先の方はWedgwoodのSecret Societiesにあり) [2]Lowie, Plains Indians Age-Societies Historical Summery. A.M.N.H. vol.11 p.883      大學ノート(A5)  
50 ノート(引用)  年令団-3  Age-Society V. Lowie, Plains Indians Age-Societies. Comparative Summery vol.11 p.955  ①メモ1枚    大學ノート(A5)  
51 ノート(引用)  Feast-2  [1]Powdermaker: Feasts in New Ireland. The social function of eating. A.A. vol.34, 1932, pp.236- [2]R.C. Thurnwald: Pigs and Currency in Buin. Oceania vol. 5 no.2, pp.120-(good guestの次に項目)  ①カードメモ1枚    大學ノート(A5)  
52 ノート(引用)  Kula-I (Feast 4) 原始農業-I (原始農耕1)質問項目-I (民族学方法論)   [1]Memoires de la Societe Ethnologique. Paris 1841. [2]Malinowski Kula, The Circulating Exchange of Valuables in the Archipelagoes of Eastern New Guinea. Man 1920. 51 pp.97- [3]Wissler, Primitive Agriculture. E.S.S. Cultivated Plantの問題  ①ノート3枚    大學ノート(A5)  
53 ノート(引用)  Feast-5 Potlatch  Primitive Economics I. Potlatch  ①メモ4枚(内1枚はMelville J. Herskovits. The Economic Life of Primitive Peoples. New York, 1940. $4.50. 492. Chapter 12引用 )  【表紙裏】Potlatchの研究Ⅰ.Barnett, The Nature of the Potlatch. A.A. vol.40. 2-22 Ⅱ.Bunzel, Economic Organization of Primitive PeopleのThe Kwakiutl pp.357-361の抄録 23-33 Ⅲ.Boas, The Potlatch of the Kwakiutl Indians. 34-48  大學ノート(A5)  
54 ノート(引用)  Technology I. Division of Labour. Ergologie  ①Technology, Handicrafts. LowieのHandicrafts p.107- ②Nevermann, Ergologie and Technologie (Lelrbuch der volkerkunde. S.336-382) [3]Emerson, F. Greenman, Material Culture and the Organism. A.A. vol.47, 1945. No.2 pp.711-  [4]DelroyのMaterielle Kultar    【表紙裏】Technologyの意味Ⅰ.Gowellその他の定義Ⅱ.Man as Tool Maker参照、 その他記述あり  大學ノート(A5)  
55 ノート(引用)  Technology II. Arbeit  1.Thurnwald, Technik. Reallexikon der Vorgenhichte.  2.Thurnwald, Arbeit. Reallexikon der Vorgenhichte.  3.Pitt-Rivers, Principle of Classification. I.R.A.I. vol. 4(1875) pp.293-308. (The Evolution of Culture, and the Other Essays. 1906. pp.1-19)  4.Powell, Technology or the Science of Industries. (A.A. n.s. vol.1, 1899. pp.308-349)  5.Mason, Techno-geography or the Relation of the Earth to the Industries of Man. A.A. vol.7.(旧巻)137-58.      大學ノート(A5)  
56 ノート(引用)  Kinship Nomenclature I.  [1]Person, Kinship Nomen Clature of the Pueblo Indians. A.A. 34. 1932. pp.377-  [2]Pueblo, Hopi Zuni  [3]Eechoud, New GunieaのRelative-System. [4]Speck and C.F. Schaeffer, Catawa Kinship and Social Organization with a Resume of Tutelo Kinship Terms. A.A. vol. 44, 1942 pp.555  ①メモ3枚    大學ノート(A5)  [4]Catawa→Catawabaのミススペル《検索済み》
57 ノート(引用)  Kinship Term II. Reciprocal termその他  [1]Sapir, Kinship Terms of the Kooteney Indian. A.A. vol.20, 1918. pp.414-  [2]Boas, Kinship Terms of the Kutenai Indians. A.A. vol.21, 1919. pp.98-101  [3]Sapir, Nass River Terms of Relationship. A.A. vol.22, 1920. pp.261-  [4]Sapir, A Note on Reciprocal Relationship in America. A.A. vol.15, 1913.      大學ノート(A5)  
58 ノート(引用)  Kinship Term III.  [1]Aginsky, Kinship System and the Forms of Marriage. Memoirs of the American Anthropological Association. No.45, 1935.  [2]Agnisky, Times Levels in Social Analysis. A.A. vol.41, 1939. pp.424-423. この要約。この見解にはEvans-PricahrdのThe Nature o Kinship Extension 総-20に引用あり      大學ノート(A5)  Agnisky→Aginskyのミススペル《検索済み》
59 ノート(引用)  財-総  Property  [1]Boas, Anthropology 中のProperty. (General Anthropologyの中) [2]Fallaize, Inheritance (E.R.E.) [3]Propertyの出問項目、Note and QueriesのPropertyの項目      大學ノート(A5)  
60 ノート(引用)  財-1 Property  [1]概説 Goldenweiser, Property (Anthrpology Chap. 10, pp.147-189.  [2]概説 Thurnwald, Eigentum Reallexikon der Vorgenhichte. Bd III. 44-48.    【表紙裏】Property. [1]The ownership of Property [2]Property Inheritance [3] What property means.  大學ノート(A5)  表紙破損有
61 ノート(引用)  財-2 階級-3  [1]概説 Lowie, Rank Etiquette and Property. [2]Thurnwald, Erbe, Reallexikon der Vorgenhichte. Bd III      大學ノート(A5)  
62 ノート(引用)  財-3 Property  [1]概説 Rivers, Property. [2]Property. Bell, A Functional Interpretation of Inheritance and Succession in Central Polynesia. Oceania vol.3 no.2, pp.167- 第一部I    【表紙裏】Ⅰ (A) individual and communal ownership (B) influence upon inheritance of the state of father and mother right  大學ノート(A5)  表紙破損有
63 ノート(引用)  実民-1  Westermann D. Die Zukunft der Natür völker. Lehrbuch der volkerkunde pp.384-404.    【表紙裏】第一ノート、第二ノートについて記述あり  大學ノート(A5)  
64 ノート(引用)  実用民族学-1  [1]Haddon, The Practical Value of Ethnology. 1921.松村文庫100 [2]E.W.P. Chinnery, The Application of Anthropological Methods to Tribal Development in New Guinea. I.R.A.I. vol.49 (1919) pp.36-41    【裏表紙】E.W.P. Chinnery, The Application of Anthropological Methods to Tribal Development in New Guinea. I.R.A.I. vol.49. 1919 pp.36-  大學ノート(A5)  
65 ノート(引用)  実民-2  [1]Westermann, Die Zukunft der Naturvolker. 第二部[2]Native Policy中の経済的方面[3](1)土民のidleに関するもの。 Firth, Primitive Economics of the New Zealand Maori中の一部[4]Bernatzik, Kolonial Ethnologie第二部    【表紙裏】第一ノート、第二ノートについて記述あり  大學ノート(A5)  
66 ノート(引用)  実民-3 Problems of Depopulation  Ⅰ.Pitt-Rivers: The Problem of Depopulation, Clash of Culture, pp.17-24  Ⅱ.Murray, Depopulation in Papua. Oceania vol. 3, pp.207-  Ⅲ.Williams, Depopulation and Administration. Oceania vol. 3, pp.218-226.  [4]実民-3 Bernatzik, Kolonial Ethnologie.第一部    【表紙裏】第一ノート、第二ノートについて記述あり  大學ノート(A5)  
67 ノート(引用)  法- 実民-4  [1]Bernatzik, Das Minhlingsproblem, s. 849-852. [2]第四部 Thurnwald, Ethnologische Rechtsforshung      大學ノート(A5)  
68 ノート(引用)  一般-2  [1]社会的方法論 Lowie, Some Most Problems in Social Organizatin. American Anthropologist vol.30, p.321 [2]Method 方法論に入る(Historical Reconstruction) Kroeber, Historical Reconstruction of Culture Growths and Organic Evolution. A.A. vol.33, 1931, pp.149-156.  ①はがき1枚(日本民族学協会より杉浦先生宛、昭和22.8.9.消印有)    大學ノート(A5)  
69 ノート(引用)  一般-3 Social Organization  Notes and Queries on Anthropology [1]Goldenweiser, Social Organization (in Anthropology)  [2]Lowie, Social Organization (in Culture Anthropology)  [3]Wasiler, Social Organizatin. (in Social Anthropology)  [4]Rivers, Social Organization [5]Graebner  [6]Reichard, Social Life    【裏表紙】社会組織における3つの■■問題について記述あり。[1]marriage②birth[3]territorial band【表紙裏】family & clan or sibについて記述あり  大學ノート(A5)  
70 ノート(引用)  一般-4 Social Organization  Tylor, On a Method of Investigating the Development of Institutions: Applied to Laws of Marriage and Descent. G.A. vol.18, 1889, pp.245-      大學ノート(A5)  
71 ノート(引用)  労-1  Labour  [1]Malinowski, Labour and Primitive Economics. Nature 1925. vol.116 Dec. 26. pp.926-930 [2]Firth, Primitive Labour [3]Seligman, Rest and Work. Man 1927. Sharp, Ritual Life and Economicのnoteの■■にあり。  ①メモ1枚    大學ノート(A5)  
72 ノート(引用)  労-2  Work II   Work I.    【表紙裏】Ⅱ.The Maori and his Economic Resources. Ⅳ.The Psychology of Work Ⅴ.The Nature of Maori Industry. Ⅵ.The Organization of Work. Ⅷ.The Distribution of Goods and Payment for Labour.  大學ノート(A5)  
73 ノート(引用)  労-3  Work III  Work II      大學ノート(A5)  
74 ノート(引用)  所有-1 土地-1  Ownership  Ⅰ.Firth, Ownership. Primitive Economics of the New Zealand Maori. Chapter 10  Ⅱ.Firth, Land. Primitive Economics of the New Zealand Maori Chapter 11. Landの第一部(Landの第二部は別冊)      大學ノート(A5)  
75 ノート(引用)  土地-Ⅱ 交換-  Firth, The Land. Primitive Economics of the New Zealand Maori. Chapter 11, pp.373-385 (II)第二部 (未)Firth, The Exchange of Gifts(抄)(未)      大學ノート(A5)  
76 ノート(引用)  土地-Ⅲ  Firth, Principles of Land Tenure. We the Tipopia. Chapt 11.  12 Modern Population Problem. 13 Firing the Ovens of Youth 14 Sociology of Sex. 15 Marrige by Caputre (12~15は略す)      大學ノート(A5)  
77 ノート(引用)  土地-Ⅴ 社会組織-NA34  Land-Tenure  Lineage NA-34  [1]社会組織 Gifford, Miwoks Lineages and Political Unit in Aboriginal California. A.A. vol.28, pp.389, 1926. [2]Lowie, Land Tenure. E.S.S. vol. p.  [3]Fison, Land Tenure in Fiji. I.R.A.I. vol.10, pp.332-352, 1881.      大學ノート(A5)  裏表紙破損有
78 ノート(引用)  東印米作-Ⅰ Land Tenure-7  Ernte volkerといえる一つの段階をつくらんとするもの (1)Lips, Die Anfange des Reehts an Grund und Boden bei den Naturvölkern und der Beriff der Ernte völker. Festnhrift, s.485-494. (2)J.A. MacCulloch, Landmarks and Boundaries. vol.7, pp.789-795. (3)Rijst I, Encyclopeadia un Nederlundsh-Indie III. pp.648-651. Land Tenure Notes and Querries p.160. (4)Land Tenure-Notes and Querries pp.160-162.      大學ノート(A5)  
    紐で結束  (No.79-No.115)  「経、政、法、文化変化。学史・方法・旧秘密結社」の付箋つき        
79 ノート(引用)  経-0 Thurnwald、未開人の経済  *Thurnwaldの採集者のSoziologithe Ergebnise(大型ノート)ThurnwaldのPflanzenspezialistenの社会構成、ThurnwaldのHirtentumの社会Rolle *Firthの経済階級に関する学説要約 [1]概説 Thurnwald, Die Wirtschaft der Naturv̥lker (Lehrbuch der Vökerkunde) s.307-334. [2]Food Questの総-2 Firthの経済階級に関する説、I.Scziologische Ergebnisse der Wildbeuter. II. Gesellungsgestaltung der Pflanzenspezialisten (Thurnwald, Representatuee Bild. s.189-203) III. Soziale Rolle des Hirtentums [3]Economic Stageの学史      大學ノート(A5)  
80 ノート(引用)  経-1  Ruth Bunzel, The Economic Organization of Primitive PeoplesⅠ    【表紙裏】本書ではWealth【物資、精神的物資も含む】Value→Propertyの問題を扱っている、他記述あり  大學ノート(A5)  
81 ノート(引用)  経-2  Ruth Bunzel, The Economic Organization of Primitive Peoples Ⅱ             【裏表紙】 Benedict, Marital Property Rights in a Bilateral Society. A.A. 38, 1936.  大學ノート(A5)  
82 ノート(引用)  経-3  [1]Ruth Bunzel, The Economic Organization of Primitive Peoples Ⅲ[2]Kardiner, The Individual and his Society. 1939 (全体のノート台帳はpost大型ノート)chapter II. (Ⅳ) Subsistence and Prestige Conflicts, Rivelry and Competition. [3]Malinowski, The Division of Property and Duties According to Sex. The Sexual Life of Savages. 1924, pp.20-23.      大學ノート(A5)  
83 ノート(引用)  経-4 Economy  [1]Raymond Firth, Economic Psychology of the Maori. I.R.A.I. vol.55, 1925. p.340 [2]Knabenhans, Arbeitsteilung und Kommunismus im Australischen Nahrungserwerb.      大學ノート(A5)  
84 ノート(引用)  経-5   [1]Stanner, Ceremonial Economics of the Mulluk Mulluk and Madngella tribes of the daly Rivers. Oceania vol.4, no.2, p156       大學ノート(A5)  
85 ノート(引用)  政-1  Political Institution  [1]Rivers, Government (Social Organization, chapter 9) [2]Note and QueryのRegulation of Public Life (1)Political Institution (2)Chiefrships and Kingship      大學ノート(A5)  
86 ノート(引用)  政-2  Lips: Government 結論がやってない、結論を最初にしたノートを写一つつくれ    【表紙裏】序[1]Food-gatherers and hunter (Arctic and related tribes)②Harvesters and related tribes (Indians of the Plains) 【裏表紙】Lips, J., Die Anfange des Rechts an Grund und Boden. Einleitung in die vergleichende Völkerkunde (Leipzig 1928)  大學ノート(A5)  
87 ノート(引用)  政-4 Political Organization , Chiefの問題  [1]Goldenweiser, Chiefs and Political Organization (Anthropology chapt. 24 pp.375-406) [2]Firth, Social Relation in the Village. Social Stratification with in the Village. [3]Firth, Wealth and Power of the Chief. Primitive Economic in the New Zealand Maori. pp.117-121.  ①メモ1枚    大學ノート(A5)  
88 ノート(引用)  政-5 階級-2  Ⅰ.Schichtung Iの1 Ⅱ.Hauptling IIの2  Ⅲ.rankの質問項目 IIの3      大學ノート(A5)  
89 ノート(引用)  政-6  [1]Mühlmann, Staatsbildung in Polynesien. Z.F.E. 65, 1933. s380-389. [2]Mühlmann, Die Begriffe 'Ati und Mataeinaa. Ein Beitrage zur Politischen Entwicklung und Besiedelungsgeschichte Polynesiens. Anthrop. vol.29, s.739-, 1934. [3]Kroeber, Rise of Political Institutions: Confederacy and Empire. Anthropology pp.358-360.      大學ノート(A5)  
90 ノート(引用)  法律-1 Law  [1]Leonhard Adam, Ethnologische Rechtsforschung (Lehrbuch der Völkerkunde 5 pp.281-300) [2]H. Diamond, Primitive Law. 1935. 法律-8に書け      大學ノート(A5)  
91 ノート(引用)  法律-2  Ⅰ.R-Brown, Law Primitive. E.S.S. vol.9, pp.202-206 Ⅱ.Diamond, Primitive Law. Chapt.28. The Construction of Later Primitive Law. Ⅲ.Law and Justice (Notes and Queries)      大學ノート(A5)  
92 ノート(引用)  法律-3  Ⅰ.R-Brown, Sanction. E.S.S. vol.13, pp.531-534 Ⅱ.William Seagle, Primitive Law and Professor Malinowski. A.A. vol.39, 1937. pp.275-290.    【表紙裏】Primary SanctionsとSecondary Sanctionsについて記述あり  大學ノート(A5)  
93 ノート(引用)  法律-4 Law  [1]Malinowski, Primitive Law. [2]Kardiner, The Individual and his Society. 1939. Chapter II, VII. Aggression VIII. Forces that Hold Society Together.      大學ノート(A5)  
94 ノート(引用)  法律-6  Primitive Recht. Thurnwald, Reallexikon der Vorgenhichte ⅥBd. 50-69.  ①メモ1枚    大學ノート(A5)  
95 ノート(引用)  法律-7 階級-4  Ⅰ.Thurnwald: Primitive Recht.(続き) Ⅱ.Couvade Ⅲ.Reichard, Prestige Social Life (BoasのGeneral Anthropology pp.458-465)(本ノート1-12) (1) Potlatch 2-5 (2) Kula 6-7      大學ノート(A5)  
96 ノート(引用)  法-8  ①Barton, Ifugao Law. U.C.P.A.A.E. vol.15, Part I. 1919. pp.11-105 ②Wilken, Property and Inheritance. Expedition of Torres Strait vol.6, 1908. pp.153- ③H. Diamond, Primitive Law. 1935. chapter 23. Inheritance. Chapter 24 Property.    【表紙裏】Ifuago Lawについて記述  大學ノート(A5)  
97 ノート(引用)  法律-9  未開法律 学者別の研究(主としてLowie)I. Malinowski, Primitive Marriage and Kinship. Nature vol.121, no.7039(1928)    【裏表紙】Cultural Anthropologyの立場から・・・記述あり  大學ノート(A5)  
98 ノート(引用)  法-21   Diamond, Primitive Law. 1935, 1-2: 208  ①メモ1枚    大學ノート(A5)  
99 ノート(引用)  文化変化 4 M-問題-40(東印-宗5)  (1)Pleyte, Die Schlage in volksglauben der Indonesier. Globus 65, 1894. (2)Vorderman, Animistische Anschauungen der Javanen Betreffs einiger Pflanzen. Globus 71, 1897, S.29-31 (3)Barett, Invention and Culture Change. A.A. vol.44 No.1, 1942, pp.14-30 (4)L. White, Evolution and Diffusion  ①はがき1枚(杉浦健一より小岩井 淨氏宛て未投函)②ノート3枚  【裏表紙裏】Bernard, Jessie., Stewart, Guy, R., Steward, Julian, H.論文について記載  大學ノート(A5)  
100 ノート(引用)  Culture Change Ⅵ  Hallowell, Socio-Psychological Aspects of Acculturation. The Science of Man in the World Crisis.  ①メモ1枚  【裏表紙裏】目次あり  大學ノート(A5)  
101 ノート(引用)  ニューギニア社会組織 社会学的研究-1 文化研究-1 文化変化-7  I. Buschanの記述を中心とした総説 II. Neuhausを少し丁寧に見る。(1)N-O ニューギニアの社会組織概説(Buschanを中心として。Neuhaus, Soziales Lebenなどあり) (2 )社会学的研究 Hersbovits, Willey, The Cultural Approach to Sociology. American Journal of Sociology. vol.27, 1923-24. pp.188-199. (3 )文化人類学→文化研究1 Lowie, Cultural Anthropology: A Science. Amer[ican] Journ[al] of Sociology. vol. 42, 1936, pp.301-320. (4 )文化変化7 W.F. Ogburn, Change, Social. E.S.S. vol.3, pp.330-334. (5 )社会変化(進化)-7 Goldenweises, Evolution Social. E.S.S. vol.5, pp.656-662.  ①カードメモ1枚②白紙1枚    大學ノート(A5)  
102 ノート(引用)  文化変化-9  Krause F, Kulturwandel und volkstum. Mitteilungen der Anthropologischen Gesellschaft  in Wien. Bd.59, 1929. S.247-268  ①メモ1枚    大學ノート(A5)  
103 ノート(引用)  学史-0  Die Moderne Ethnologie. vol.1 Premiere Periode, Deuxieme Periode, Spruchfamilien und Sprachenkreise der Erde.  ①メモ3枚②メモ5枚  【表紙裏】昭和15年1月12日 古代の民族誌について記載  大學ノート(A5)  
104 ノート(引用)  学史-1  Die Moderne Ethnologie. Anthropos. Bd.I, 1906.Ⅰ.Periode und System. Ⅱ.Ⅲ.System 17,18世紀の問題      大學ノート(A5)  
105 ノート(引用)  学史-7 学史-4  Ⅲ Methode. Soziologisch und Psychologisch      大學ノート(A5)  背破損有
106 ノート(引用)  学史-5 方法-5 学史方法-5  [1]Bernatik, Historische Entwicklung und Zielsetzung der volkerkunde. [2]Adam, Ethnologischen Fragesammlungen und ihre Praktische Anwendung. Lehrbuch der volkerkunde 415-421. 民族学は何を研究するものか    【表紙裏】Ethnosとは何か           【裏表紙】Lebzelter, W. Scheidt, Boasの論文について記載  大學ノート(A5)  
107 ノート(引用)  学史方法-7  Mühlmann, Methoden der Vokerkunde (Lehrbuch der volkerkunde S9-43)(大型と全く同じなれば廃止しても可)      大學ノート(A5)  
108 ノート(引用)  方法-9 学史方法-9   工作具(Boas第二部)[1]Les Outils et Machines: La Hache, le Marteau et le Jour de Mecanicien. [2]Boas, Method of Research Boasひく後の米国民族学[3]Boas, Method of Research.(第一あり、不明) [4]Kroeber, Culture Area. E.S.S.    【裏表紙】Seyffertの論文について記載  大學ノート(A5)  
109 ノート(引用)  文化人類学史11  Ⅰ.Piddington, Psychological Aspects of Culoture Contact. Oceania vol.3 no.3, 1933  Ⅱ.Kroeber, History and Science in Anthropology. A.A.vol.37.      大學ノート(A5)  
110 ノート(引用)  Administration I. 文化人類学史2  I. (1)]Firth, Anthropology and Native Administration. Oceania vol.2 no.1, p1~ (2)Groves, Anthropology and Native Administration in New Guinea. Oceania vol.6 no.1, pp.94-104 Ⅱ.学史方法12 Kroeber, History and Science in Anthropology. A.A. vol.37, 1935. pp.558      大學ノート(A5)  
111 ノート(引用)  旧Ⅰ  Dr. Hahl, Mitteilungen uber Sitten und Rechtliche Verhaltnisse auf Ponape. Ethnologische Notizblatt. Bd.Ⅱ heft 2, 1911. s.1-13      大學ノート(A5)  最終頁外れ
112 ノート(引用)  旧Ⅱ Ponape 暦 祭 折目 Life Circle  Hamburch, Familienleben I. 1.Allgemein-Grossfamilie, Oberhaupt.-Mutter-folge 2.Die Ehe 3.Geschlechtleban 4.Schwangerschaft  ①メモ1枚    大學ノート(A5)  
113 ノート(引用)  旧Ⅲ   Hamburch 第二 Familienlebven II. Verwandsschaft (4)Schwangerschaft und Geburt. (5)Stellung der Kinder (6)Verwandrschaft (7)God und Begraubnis. Hamburch, Kava in Ponape.  ①メモ1枚    大學ノート(A5)  
114 ノート(引用)  Secret Societies 秘密結社-1  Ⅰ.Rivers, Fraternities and Secret Societies. (Social Organization chapter 7) Ⅱ.Camilla H. Wedgwood, The Nature and Functions of Secret Societies. Oceania vol.1 no.2.      大學ノート(A5)  
115 ノート(引用)  Geheimbunde 秘密結社-2  [1]Loeb (Edisin), Die Geheimbunde und Stammeseinweihungen bei der Naturvölkern. Mitteilungen der Anthropologischen Gesellschaft  in Wien. vol.LⅨ, 1929, s.195-207 [2]Mühlmann, Die GeheimeGesellschaft der Ariori. I.A.O.E. Bd.32, 1934, S.1-91.      大學ノート(A5)  
  紐で結束  (No.116-No.155)  「総1-51」の付箋つき        
116 ノート(引用)  総-1  Rivers, Social Organization. chapter 1. Social Grouping. Family.      大學ノート(A5)  
117 ノート(引用)  総-2  [1]Rivers, Social Organization. chapter 2. Clan, Moiety, Tribe. Dual Organization, Tribe. chapter 3. Marriage. [2]W.E. Armstrong. Clan. E.B. vol.5, 752-753.      大學ノート(A5)  
118 ノート(引用)  総-3  [1]Rivers, Kinship and Relationship System. (Calssificatory System) I [2]Rivers, Origin of the Classificatory System of Relationship. 1907. (Anthropological Essays presented to E.B. Tylor.)    【表紙裏】Ⅰ.Social Groupings Ⅱ.Marriage Ⅲ.Kinship and Relationship. Father-right and Mother-rightについて記載  大學ノート(A5)  
119 ノート(引用)  総-4  [1]Rivers, Kinship and Relationship System. (Classificatory System) II. [2]Rivers, Father-riht and Mother-right. p.92以下は補遺に    【表紙裏】Ⅰ Social Groupings Ⅱ. Marriage Ⅲ. Kinship and Relationship. Father-right and Mother-rightについて記載  大學ノート(A5)  
120 ノート(引用)  総-5  Familyの総括。[1]Lowie, Marriage and the Family. [2]Goldenweiser, Social Groups and their Functions. 第二部 Groups of Function. c.f. Malinowski, Social Anthropology.        大學ノート(A5)  
121 ノート(引用)  総-6  Clanの総括[1]Lowie, The Clan [2]Goldenweiser, Social Groups and their Functions. chapter 19, Groups of State.    【表紙裏】Ⅰ.. Local Group Ⅱ. Family(小)Ⅲ. Blood Relationship  Ⅳ. Marriage Relationship Ⅴ. Dual Division of Groups  大學ノート(A5)  
122 ノート(引用)  総-6補 GoldenweiserのSocial Groupsに次ぐもの  [1]Goldenweiser, Sociological Terminology in Ethnology. A.A. vol.18, 1916 p.348 [2]Lowie. A Note on Relationship Terminologies. A.A. vol.30, 1928 p.263. [3]Gifford, Dichotomous Social Organization in South Central California. University of California Publications. American Archaeology and Ethnology. vol.11 no.5, 1916. pp.291-296. [4]Duyvendak, Tweedeling of Ambon. pp.94-97.      大學ノート(A5)  
123 ノート(引用)  総-7  [1]Wake, The Origin of the Classificatory System of Relationships used among Primitive People. I.R.A.I. vol. Ⅷ, 1879 pp.145-180. [2]Wake, The Primitive Human Family. I.R.A.I. vol.Ⅸ, 1880 pp.3-19. [3]Powell, Wyandot Government. B.E. 1th  Report. 1879-1880. [4]Lang, Early History of the Family. Custom and Myth. pp.245-275. [5]Malinowski, Family Life, Sexual Life of Savages. pp.14-20.    【表紙裏】Wake, Lang, Steinmetzの論文について記載  大學ノート(A5)  
124 ノート(引用)  総-8  Ⅰ.Rivers, On the Origin of the Classificatory System of Relationship. Ⅱ.MacLennan, The Origin of the Classificatory System of Relationship.      大學ノート(A5)  
125 ノート(引用)  総-9 Classificatory System  Ⅰ.Wisseler, Category of Relationship. Ⅱ.Kroeber, Classificatory System of Relationship. I.R.A.I. vol.ⅩⅩⅩⅨ(1909) p.77 Ⅲ.Rivers, On the Origin of the Classificatory System of Relationship II.      大學ノート(A5)  
126 ノート(引用)  総-10  Kroeber, California Kinship Systems. U.E., P.A.A.E. vol.12 no.9, pp.339-396.  ①ノート2枚  【表紙裏】地図あり【裏表紙】Kroeberの論文についてメモ  大學ノート(A5)  背破損有
127 ノート(引用)  総-11  [1]Kroeber, California Kinship System. U.E., P.A.A.E. vol.12 no.9, pp.390-396. [2]Kinship Term, Class System論として見るべし  Thurnwald, Banaro Society. Memoirs of American Anthropology Association vol.3       大學ノート(A5)  
128 ノート(引用)  総-12 NA-34補Ⅰ  Ⅰ.Lowie, Exogamy and the Classificatory System of Relationship. A.A. vol.17, 1915, p223. Ⅱ.Gifford, Clans and Moieties in Southern California. University of California Publications. American Archaeology and Ethnology vol.14 no.2, 1918, pp.155-219. Ⅲ.Lowie, Speical Forms of Marriage and Social Custom. Culture and Ethnology, Terminology of Relationship pp.170-175.      大學ノート(A5)  
129 ノート(引用)  総-13 Relationship Terms  [1]Wissler, Relationship Term. I. Wissler説の大筋  II. Use of Relationship Term [2]Lowie, Terms of Relationshipの第一部(Culture and Ethnology中のTerms of Relationshipの第一部最初の部分)    【裏表紙】Kroeber, Morgan他の論文について記載  大學ノート(A5)  
130 ノート(引用)  総-14 総-13の続き  [1]Lowie, Terms of Relationship.第二部II. [2]Fortune, Incest. E.S.S. [3]Mead, Family. E.S.S. [4]Armstrong, Family. E.B.    【裏表紙】Native Policyなどについて記載  大學ノート(A5)  背破損有
131 ノート(引用)  総-15  Social Organization  Raymond Firth, Marriage and the Classificatory System of Relationship. Anthropological Institution vol.LⅩ, 1930, p.235      大學ノート(A5)  
132 ノート(引用)  総-16 Relationship Systemの総論  Ⅰ.Wissler, Present State of Relationship System. Ⅱ.Relationship又はKinshipの総括論をなせ(未) Ⅲ.Gomme Ⅳ.Reichard, Kinship Term      大學ノート(A5)  
133 ノート(引用)  総-17  [1]Sharp, The Social Organization of the Yir-Yoront Tribe, Cape York Penninsula. Oceania vol.4, 1933-34. [2]Malinowski, Kinship. E.B. 14th ed. 1929. [3]Lowie, Kinship. E.S.S.    【裏表紙】Kinship Personality: Warner  大學ノート(A5)  
134 ノート(引用)  総-18 Social Organization 総-18の補A-3  [1]Malinowski, Kinship. Man volⅩⅩⅩ no.17, 1930. [2]Unioin, Classificatory System of Relationship. Man no.124, 1929 [3]Aginsky, Kinship Systems and the Forms of Marriage. Memoirs of the American Anthropological Association number.45, 1935.      大學ノート(A5)  
135 ノート(引用)  総-19  Social Organizaiton (Kinship)  Ⅰ.Evans Prichard, Study of Kinship in Primitive Society. Man vol.28, 1929. Ⅱ.Bateson, Social Structure of the Iatmul People of the Sepick River. Oceania vol.2 no.3 pp.246-291. Ⅲ.Ivanizky, The System of Kinship among the Primitive Peoples as Determined by their Mode of Grouping. Man no.93, 1915.      大學ノート(A5)  
136 ノート(引用)  総-20 Kinship  Ⅰ.Sharp, Semi-Moieties in North-Western Queensland. Oceania vol.Ⅵ no.2 p.158. Ⅱ.Firth, Kinship Grouping (Primitive Economics of the New Zealand Maoriの中) Ⅲ.Evans-Prichard, The Nature of Kinship Extension. Man vol.32 no.7, 1932 pp.12-15.  ①カードメモ1枚    大學ノート(A5)  
137 ノート(引用)  総-21  [1]Kirchhoff, Verwandtschaftsbezeichnungen und Verwandtenheirat. Z.F.E. 1932, S.41. [2]Thurnwald, Familienformen. Reallexikon der Vorgenhichte Bd.Ⅲ, S.181-186.      大學ノート(A5)  
138 ノート(引用)  総-22  Sib Organization and Unilateral Family. (Goldenweiser, Anthropology. Chapter 21, 22, 23 pp.330-372)      大學ノート(A5)  
139 ノート(引用)  総-29(A-10 Spier, A Suggested Origin for Gentile Organization. A.A.24, 1922)  Ⅰ.Lowie, Social Organization Familoy and Sib. American Anthropologist vol.21 pp.28-40. Ⅱ.Loeb, Patrilineal and Matrilineal Organization in Sumatra. A.A. vol.35, 1933 pp.16-      大學ノート(A5)  
140 ノート(引用)  総-30  P. Kirchhoff, Die Verwandtschafts Organisation der Urwaldstlamme Südamerikas. Z.F.E. 1931 S.85  ①ノート1枚②メモ7枚    大學ノート(A5)  
141 ノート(引用)  総-31 Social Organization  Brenda, Z., Seligman Incest and Descent: Their Influenece on Social Organization. Part Ⅰ      大學ノート(A5)  
142 ノート(引用)  総-32 Social Organization  Brenda, Z., Seligman Incest and Descent: Their Influenece on Social Organization. Part Ⅱ    【裏表紙】Seligman, Bilateral Descent and the Formation of Marriage Classes. I.R.A.I. vol.LⅤⅱ, 1927.  大學ノート(A5)  
143 ノート(引用)  総-33 Social Organization  Incest and Descent  NA-21補Ⅰ  [1]Brenda, Z., Seligman Incest and Descent. [2]Radin, Clan Organization of the Winnebago. American Anthropologist vol.12, 1910.  ①ノート1枚    大學ノート(A5)  
144 ノート(引用)  総-34  Ⅰ.Lord Raglan, Incest and Exogamy. I.R.A.I. vol.LⅩⅠ1, 1931. pp.167-180 (Fortune, Incest 総-14) Ⅱ.Seligman, Cross-Cousin Marriage. Man no.70, 1925. Ⅲ.Albert Herman Post, Uber die Sitte, Nach Welcher Verlobte und Ehegatten ihre Gegenseitigen Verwandten Meiden. Globus 67, 1895. S.174-177.      大學ノート(A5)  
145 ノート(引用)  総-35  Social Organization  La Prohibition de l'Inceste      大學ノート(A5)  背破損有
146 ノート(引用)  総-36  Ⅰ.Mead, The Role of Individual in Samoan Culture. J.R.A.I.vol.LⅧ, 1928 p.481 Ⅱ.Williams, F.E., Personality and Leadership. (Papuans of Trans-Fly. pp.236-244)      大學ノート(A5)  
147 ノート(引用)  総-37  Ⅰ.Wallis, Individual Initiative and Social Compulsion. A.A. vol.17, 1915. p.647. [3]Kroeber, The Superorganic. A.A. vol.19, 1917. p.163. Ⅱ.Firth, Individual and the Group in Maori Society. (Primitive Economic in the New Zealand Maori. pp.121-127)      大學ノート(A5)  
148 ノート(引用)  総-40 文化変化-5 Culture Change 5  Genealogicalな研究の一応のまとめ  ①メモ1枚    大學ノート(A5)  
149 ノート(引用)  総-41  Ⅰ.Rivers, The Dual Organization. Social Organization, Appendix Ⅲ pp.205- [2]Goldenweiser, Dual Divisions or Moieties. Anthropology vol.ⅩⅨ, pp.311-312.      大學ノート(A5)  
150 ノート(引用)  総-41の補2 lineage論 NA-34補2 Giffordのmiwok研究  1.Gifford, Miwok Moieties. U.C.P.A.A.E. vol.12, 1916. pp.139-194. 2.Gifford, Clans and Moieties in Southern California. U.C.P.A.A.E. vol.14, 1918. pp.190-219 3.Gifford, Miwoks Lineage and Political Unit in Aboriginal California. A.A. vol.28, 1926 4.Gifford, E.W., Miwok Lineages. A.A. vol.46, 1944. pp.376-      大學ノート(A5)  
151 ノート(引用)  総-42  [1]Torday, Dualism in Western Bantu Religion and Social Organization. J.R.A.I. vol.LⅧ, 1928. p225. [2]Hocart, Notes on the Dual Organization in Fiji. Man vol.2, 1914. [3]Nieuwenhuis, Die Dualstische Kultur in Ozeanien. I.A.E. Bd.ⅩⅩⅩⅠ      大學ノート(A5)  
152 ノート(引用)  総-45 一般-3  [1]Kroeber, Basic and Secondary Patterns of Social Structure. I.R.A.I. vol.LⅩⅧ 1938. pp.299-308. [2]Malinowski, Exogamy and the Prohibition of Incest. The Sexual Life of Saveges, pp.416-433.      大學ノート(A5)  
153 ノート(引用)  総-46 Bilateral Descent  [1]Malinowski, Culture 第一部 E.S.S. vol.4 pp.621-627. [2]Mardock, Double Descent. A.A. vol.42, 1940. s.555-561 [3]Benedict, Marital Property Rights in Bilateral Society. A.A. vol.38, 1936, p.368      大學ノート(A5)  
154 ノート(引用)  総-49 Marriage総論  [1]Malinowski, Infant Betrothal and Cross-Cultural Marriage. The Sexual Life of Saveges. [2]Malinowski, Marriage. E.B. 一部のみ [3]Rivers, Marriage, H.E.R. 目録のみ    【表紙裏】Marriageについてメモ【裏表紙裏】RiversのMarriageについてメモ  大學ノート(A5)  
155 ノート(引用)  総-51 Tribe, Horde  [1]Reichard, Tribe. Boas, General Anthropology Social Life pp.413-414. [2]Territorial Tie論 Horde論 [3]Gomme, On the Evidence for McLennan's Theory of the Primitive. J.R.A.I. vol.17, 1888. pp.188-      大學ノート(A5)  
  F-1 ISETAN袋            
156 F-1 ノート(フィールド)  昭和14年度パラオの調査  [パラオのフィールドノート]  ①はがき2枚(未使用)    小ノート(13×8)  頁外れ有
157 F-1 ノート(フィールド)  Yap  [ヤップのフィールドノート]      (15×10.5)1冊  
158 F-1 ノート(フィールド)  7月29日→11月19日  [フィールド日記] [1]7/29~9/20ポナペ [2]9/21~11/19マーシャル      (15×10)1冊  
159 F-1 手帳  丸善手帳(昭和16年)  [予定行動メモ、10/16~11/17記述あり(場所不明)、末尾メモに記載あり]      (13×8)1冊  
160 F-1 ドローイング・ブック  伊東屋ドローイング・ブック  [マーシャルメモ、スケッチ少々]  ①カードメモ2枚    (15×10.5)1冊  
161 F-1 ドローイング・ブック  伊東屋ドローイング・ブック  [パラオの石像、集会所スケッチとメモ]      (15×10.5)1冊  
162 F-1 手帳  大日本印刷手帳(昭和13年)  [ヤップ島(7/24~9/21)予定、日記]      (13×8)1冊  
163 F-1 ノート(フィールド)  昭和13年度ヤップ調査  [ヤップのフィールドノート]  ①名刺1枚(杉浦)メモ書き    (15×10.5)1冊  頁外れ有
  F-2 封筒  日本民族学会第十回研究大会          
164 F-2 抜刷  ポナペ・ナンマタル遺跡に就て  南洋廱マタラニーム公学校調       A5判(10頁)1部  
165 F-2 フィールドノート  ポナペの法律制度    ①メモ1枚  南洋廳の罫紙を使用  B4罫紙23枚  紐とじ
166 F-2 フィールドノート  暦と一年の生活の環      南洋廳の罫紙を使用  B4罫紙12枚  紐とじ
167 F-2 フィールドノート  [ポナペ宗教に関するノート]    ①メモ1枚②葉書1枚③メモ1枚  南洋廳の罫紙を使用  B4罫紙26枚  紐とじ
168 F-2 メモ  [ポナペに関する分類メモなど]        B4罫紙など4枚  破損有
169 F-2 地図  ポナペ島  大正15年7月2日発行    書き込み有  (76×106) 1枚  
  F-2-1 封筒  日本人類學會  「ポナペ」        
170 F-2-1 草稿  序説    ①メモ(地図)1枚  裏面利用  A4原稿用紙13枚  
  F-2-2 封筒  日本橋 宝雲舎より東京帝国大学人類学教室 八幡、杉浦先生宛・「傳説1」        
171 F-2-2 フィールドノート  Kozoi Pen, Ponape      白紙頁多数有  B4紙など42枚  紐とじ
172 F-2-2 フィールドノート  ponape  [日独語カテゴリー別メモ]      A5ルーズリーフなど15枚  
  F-2-3 封筒  日本微生物學會事務所  「ポナペ親族呼称及び親族関係」        
173 F-2-3 フィールドノート  親族呼称        B4紙14枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
  F-2-4 封筒  交榮社  「マタラニームのnote」        
174 F-2-4 フィールドノート  ポナペ、Matalanim    ①メモ1枚    B4紙27枚  紐綴じ
  F-2-5 封筒  東京プロセス社  「ポナペ」        
175 F-2-5 フィールドノート  [結婚]    ①メモ1枚    B4紙16枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
176 F-2-5 フィールドノート  [ナンマルキの葬式]        B4紙など8枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
  F-2-6 封筒  南洋廳  「ポナペ■■Ⅱ」        破損有
177 F-2-6 フィールドノート  [ナヌエ]      裏面利用  A4原稿用紙37枚  
  F-3 封筒    「パラウガベ村原稿」        
178 F-3 草稿  [私が南洋群島の土地制度の研究を始めましたのは・・]      民族研究所の原稿用紙  B5原稿用紙52枚  
179 F-3 草稿  ポナペ      民族研究所の原稿用紙  B5原稿用紙11枚  
  F-3-1 封筒  臺北帝國大學醫學部解剖學教室 金岡丈夫より  東京帝大人類学教室 八幡一郎氏宛 「ガベ村記録」        
180 F-3-1 草稿  ガベ村  パラオ、ガベ村(本島最北端の社会組織草稿)    民族研究所の原稿用紙  B5原稿用紙126枚  
  F-4 封筒  日本民族学会第十回研究大会          
  F-4-1 封筒  平凡社          
181 F-4-1 名刺  [道内各地の名刺。二風谷アイヌ家系図調査時?]    ①本別町旅館明細書1枚(昭和28年9月4日付)  名刺一部にメモ書き有  35枚  
  F-4-2 手製カードケース  Report          
182 F-4-2 フィールドノート  [アイヌ関係引用ノート含む]        罫紙B6サイズ37枚  
  F-4-3 封筒   「アイヌ 現ニブタニの諸系譜 国松の家系」 「アイヌ二風谷」A4カード(東京大学アンデス調査団土器整理カード裏面利用)    
183 F-4-3 フィールドノート  [家系]      平凡社世界美術全集圖版解説用紙裏面使用  A4原稿用紙2枚  
184 F-4-3 フィールドノート  [家系]      B4紙を横につなぐなど  B4紙4枚  
185 F-4-3 家系図        B5紙を横につなぐなど  B4紙など9枚  
186 F-4-3 家系図        B6紙を横につなぐなど  B4紙など7枚  
187 F-4-3 家系図          B4紙35枚  
188 F-4-3 統計表          B4紙など5枚  
  F-5 封筒  重要 パラオの土地(南洋庁熱帯産業研究所(南洋パラオ島)から東京帝国大学理学部人類学教室宛        破損大
189 F-5 抜刷  未開民族とその統治/ 杉浦健一  『科学月評』 pp.148-155    手書きメモ「昭和16年十月?」  B5判1部  
190 F-5 報告書  島民教育方針ノ再検討/ 高橋正吉  調査課、配布先 各課長      B5紙7頁  ステープラ留め   《錆のため撤去》
191 F-5 草稿  氏族組織と土地      南洋廳の罫紙使用  B4罫紙28頁  ステープラ留め   《錆のため撤去》
192 F-5 フィールドノート  マルキマク村の土地        B4紙5枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
193 F-5 フィールドノート  コロールの土地制度        B4紙など13枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
194 F-5 草稿  [母系氏族組織といいて・・・]      南洋廳の罫紙使用  B4罫紙9枚  ステープラ留め
195 F-5 草稿  [その他、パラオの土地制度関連草稿]        B4紙18枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
196 F-5 フィールドノート          B4紙4枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
197 F-5 草稿  アイミヨン村調査概要      南洋廳の罫紙使用  B4罫紙9枚  こより留め     一部外れ有    
198 F-5 報告書  ㊙昭和15年2月20日 コロール島、アラカベサン島、マラカル島土地調査に於ケル島民有地権利調査標準ニ就テ  [内務部税務課から杉浦嘱託殿]          B4紙5枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
199 F-5 報告書  ㊙昭和14年10月 コロール村ニ於ケル土地関係慣習調  [土地調査係から杉浦嘱託殿]      B4紙23枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
200 F-5 報告書  昭和14年9月 アイミヨン村における土地関係旧慣調査概要/ 杉浦嘱託    ①メモ1枚  謄写版刷、一部のみ書き込み多数有  B4紙(18頁)1部  ステープラ留め   《錆のため撤去》
201 F-5 報告書  昭和14年10月 アイミヨン村における土地関係旧慣調査概要/ 杉浦嘱託      謄写版刷  B4紙(18頁)1部  ステープラ留め   《錆のため撤去》
202 F-5 報告書  昭和14年11月 アイミヨン村における土地関係旧慣調査概要/ 杉浦嘱託      謄写版刷  B4紙(18頁)1部  ステープラ留め   《錆のため撤去》
  F-6 ファイルボックス  杉浦1マーシャル    「マーシャル」A4カード入り      
  F-6-1 封筒    「マーシャル地図」        
203 F-6-1 地図  マーシャル諸島北部諸分圖  第2121號      (76×107) 1枚  
204 F-6-1 地図  マーシャル諸島中部諸分圖  第2122號    書き込み多数有  (76×107) 1枚  
205 F-6-1 地図  マーシャル諸島南部諸分圖  第2123號      (76×107) 1枚  
206 F-6-1 地図  ヤルート島  第2125號    裏面に書き込み多数有  (76×107) 1枚  
207 F-6-1 地図  マーシャル諸島北部地圖  第2127號      (76×107) 1枚  
208 F-6-1 地図  マーシャル諸島南部諸分圖  第2128號      (76×107) 1枚  
209 F-6-1 手書き地図  [ロマロック、ムネックン、ウネッチヨなど]        (18×21) 1枚  
  F-6-2 封筒  日本出版文化協会(東京帝国大学理学部人類学教室日本人類學會宛) 「マーシャル」        
210 F-6-2 フィールドノート  [ロレンショを中心とする系譜関係など]      裏面利用  B5原稿用紙50枚  
  F-6-3 封筒  東京プロセス社  「ミクロネシアの編?クワゼリン マーシャル」        
211 F-6-3 手書き地図  クオジェリン      島名を記入  方眼紙(26×35)1枚  
  F-6-4 封筒  雄山閣(甲野先生宛)「海図」の記述有          
212 F-6-4 手書き地図  [海図]        方眼紙(32×47)1枚  
  F-6-5 封筒  南洋廳  「切抜」        
213 F-6-5 フィールドノート  [酋長系図]      南洋廳の罫紙を使用  B4罫紙4枚半  ステープラ留め   《錆のため撤去》
214 F-6-5 フィールドノート  東列島の酋長系図      南洋廳の罫紙を使用  B4罫紙8枚  
215 F-6-5 フィールドノート  アルノー村大酋長系図      南洋廳の罫紙を使用  B4罫紙1枚  
216 F-6-5 フィールドノート  mejuroの大酋長系図      南洋廳の罫紙を使用  B5罫紙1枚  
217 F-6-5 フィールドノート  アルノー村の第一      南洋廳の罫紙を使用  B5罫紙2枚  
218 F-6-5 フィールドノート  [Latap 1]      南洋廳の罫紙を使用  B5罫紙6枚  
219 F-6-5 フィールドノート  [歌の歌詞]  論功行賞ニヨリ興ヘラレタル土地アルトキ祝贈其者が喜ビト感謝ノ意ヲコメテ酋長ノ面前ニテ踊ルトキノ歌    大日本帝國政府の罫紙を使用  B4罫紙2枚  
220 F-6-5 フィールドノート  [言語など]        (10×17)6枚  
  F-6-6 封筒  ”MAN”   「マーシャル親族」        
221 F-6-6 草稿  親族呼称と親族関係        レターサイズ罫紙26枚  紐とじ
  F-6-7 封筒  日本衣服研究所(杉浦先生宛)  「マーシャル(1)ブーシの構成(2)ブーシの概要(3)ブーシの歴史」        
222 F-6-7 フィールドノート  [ロレンチョのbuy]      大日本帝國政府の罫紙を使用  B4罫紙4枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
223 F-6-7 フィールドノート  食物■■の分配j方法      大日本帝國政府の罫紙を使用  B4罫紙1枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
224 F-6-7 フィールドノート  氏神又はトテム        B4紙23枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
225 F-6-7 フィールドノート  氏神又はトテム        B4紙3枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
226 F-6-7 フィールドノート  alap        B4紙など12枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
227 F-6-7 フィールドノート  [buij]        B4紙3枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
228 F-6-7 フィールドノート  [buij]        B4紙4枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
229 F-6-7 フィールドノート  [buij]      南洋廳の罫紙を使用  B4罫紙など3枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
  F-6-8 封筒  三省堂出版(杉浦健一先生)  「ナモ」        
230 F-6-8 フィールドノート  [ナモ島はマンキン]      島民改善奨勵會配布各村用紙を使用  B4罫紙12枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
231 F-6-8 手書き地図  [ナモ島分布図]        レターサイズ1枚  
232 F-6-8 草稿  マーシャル群島ラリックナモ島氏族の起り      南洋廳の罫紙を使用  B4罫紙8枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
  F-6-9 封筒  日本微生物學會事務所  「マーシャル酋長族」        
233 F-6-9 ノート(引用)  Lalikの酋長        レターサイズ紙9枚  
234 F-6-9 系図  [西列島酋長族表]    ①メモ1枚    方眼紙(47×63)1枚  
235 F-6-9 系図          方眼紙(47×63)1枚  
236 F-6-9 系図          方眼紙(47×32)1枚  
237 F-6-9 系図  ナモリック島の村長系図      島民改善奨勵會配布各村用紙を使用  B4罫紙2枚  
238 F-6-9 系図          レターサイズ紙2枚  
239 F-6-9 フィールドノート  [後見人]      南洋廳の罫紙を使用  B4罫紙1枚  
  F-6-10 封筒  東京プロセス社  「ナムリック」        
240 F-6-10 手書き地図  ナムリック      地域区分、彩色有  レターサイズ紙1枚  
241 F-6-10 系図          A5紙1枚  
242 F-6-10 フィールドノート        裏面に地図有  B4罫紙2枚  
  F-6-11 封筒  ヘラルド社(古野清人先生)  「エボン」        
243 F-6-11 手書き地図  エポン島      地域区分、彩色有  レターサイズ1枚  
244 F-6-11 フィールドノート  エポン島      大日本帝國政府の罫紙を使用  B4罫紙8枚  
245 F-6-11 フィールドノート  エポン本島        A4ルーズリーフ5枚  
246 F-6-11 系図  親族呼称表        方眼紙(47×63)1枚  
247 F-6-11 系図  酋長のbuij 構成表        方眼紙(47×63)1枚  
248 F-6-11 系図          方眼紙(47×32)1枚  
249 F-6-11 系図        南洋廳の罫紙を使用  B4罫紙1枚  
250 F-6-11 フィールドノート  [buijについて]        A5罫紙1枚  
251 F-6-11 地図  [ドイツ版南洋地図]        (25×40)1枚  
252 F-6-11 手紙  [田口千之氏より杉浦先生宛]  [御留守のようですから月曜日に東大に伺います。実はアイヌ特集号が大変・・・]      (12×17)1枚  
  F-7 ファイルボックス  杉浦2パラオ2の1    「パラオ」A4カード入り      
  F-7-1 封筒    「パラオ ガビウルⅠ」-「I Ngabiul」        
253 F-7-1 フィールドノート  [1-14]  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]      (19×23)14枚  
254 F-7-1 フィールドノート  [ガベ村]  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]    南洋廳の罫紙を使用  B5罫紙3枚  
255 F-7-1 フィールドノート  ガベ村mur  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]      A5罫紙1枚  
256 F-7-1 フィールドノート  カイジャル村カジマール■にあった話  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]      (19×23)2枚  
257 F-7-1 フィールドノート  アルコロン村 字 ガベ  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]      (19×23)7枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
258 F-7-1 フィールドノート  ガベ村氏族の詳細関係  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]      B5罫紙12枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
259 F-7-1 フィールドノート  [村落・家族構成について]  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]      B4罫紙9枚  
260 F-7-1 手書き地図  Ngabiul  村落地図      (47×63)2枚  
  F-7-2 封筒    「Ⅱ. Kebukud」」-「Ⅱ Kebukudスミ」        
261 F-7-2 フィールドノート  Ⅰ.Ngarechedog  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]      B4紙12枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
262 F-7-2 フィールドノート  カブクド  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]    駒澤大学試験用紙利用  B4紙6枚  
263 F-7-2 フィールドノート  カボクド  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]    南洋廳の罫紙を使用  B4罫紙2枚  
264 F-7-2 フィールドノート  kebuked  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]    南洋廳の罫紙を使用  B55罫紙5枚  
265 F-7-2 フィールドノート    [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]      B5罫紙14枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
266 F-7-2 フィールドノート  [Ⅰ.Blai Ngarechedok]  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]      B4紙17枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
267 F-7-2 手書き地図    村落地図      (50×65)1枚  
268 F-7-2 手書き地図  kebuked  村落地図    裏面に書き込み多数有  方眼紙(47×63)1枚  
  F-7-3 封筒    「Ⅲアカラップ?アガラップ?」        
269 F-7-3 手書き地図  A galap  村落地図    裏面に書き込み多数有  方眼紙(47×63)1枚  
270 F-7-3 フィールドノート  アカラップ  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]    南洋廳の罫紙を使用  B5罫紙など6枚  
271 F-7-3 フィールドノート  [Ⅰ.Gbedachang ]  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]      (20×22)4枚  
272 F-7-3 フィールドノート  [Ⅰ.Gbedachang 一族]  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]      B5罫紙9枚  
273 F-7-3 フィールドノート  [Agowabl]  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]      B5紙7枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
  F-7-4 封筒    「Ⅳ.Kekran」-「Ⅳ.Kekran」(學術研究會議より杉浦健一宛の封筒)        
274 F-7-4 手書き地図  [A.イルアルのbital pelu 修正図]  村落地図    裏面に書き込み多数有  方眼紙(47×63) 1枚  
275 F-7-4 手書き地図  [Kekraw]  村落地図      方眼紙(47×63) 1枚  
276 F-7-4 フィールドノート  創設 ガクラオ村の集合体  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]      B4紙10枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
277 F-7-4 フィールドノート  [イルアルのbital pelu]  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]      B4紙5枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
278 F-7-4 フィールドノート  [ルレイのbital pelu]  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]      B4紙8枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
279 F-7-4 フィールドノート  [ガラオ]  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]    白紙12枚  B4紙16枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
280 F-7-4 フィールドノート  (A) Bital pelu  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]      (22×18) 1枚  
  F-7-5 封筒    「Ⅴ.アイミヨン]-「a Imeungs,書き込み多数有」」        
281 F-7-5 手書き地図  a Imeungs  村落地図      方眼紙(47×63)1枚  
282 F-7-5 手書き地図    村落地図      方眼紙(47×63)1枚  
283 F-7-5 フィールドノート  Ⅰ.Ngerturong のkeblul 及びkleblul  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]      B4紙5枚  紐とじ
284 F-7-5 フィールドノート  アイミヨンのmurbekel-他村と同じ  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]    南洋廳の罫紙を使用  B4罫紙3枚  
285 F-7-5 フィールドノート  アイミヨン  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]    南洋廳の罫紙を使用  B4罫紙2枚  
286 F-7-5 フィールドノート  [アルウルド]  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]    南洋廳の罫紙を使用  B4罫紙15枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
287 F-7-5 「VI Melekeok」  [Ⅱ.ngeturong]  [フィールド調査メモ(村落・家族構成について)]    小袋(a Imeungs)入り、南洋廳の罫紙を使用  B5罫紙24枚  
  F-8 ファイルボックス  杉浦2パラオ3の1          
  F-8-1 封筒    「Ⅵ. Melekeok」        
288 F-8-1 フィールドノート  Melekeok  [メレキヨク村での村落調査資料ノート、質問項目表も有]  ①メモ3枚  B5判ノートの表紙に挟み込み  原稿用紙36枚  紐とじ、       ステープラ留め《錆のため撤去》
  F-8-2 封筒    「Ⅶ.A Irai ア・イライ」        
289 F-8-2 手書き地図  A Irai  村落地図      方眼紙(47×63) 1枚  
290 F-8-2 フィールドノート  [家系図]  [アイライ村における親族調査資料]      方眼紙(32×24) 1枚  
291 F-8-2 フィールドノート  [tebeded]  [アイライ村における親族調査資料]    南洋廳の罫紙を使用  B5罫紙2枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
292 F-8-2 フィールドノート  [Kleblul ]  [アイライ村における親族調査資料]    南洋廳の罫紙を使用  B5罫紙5枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
293 F-8-2 フィールドノート  [olungolel]  [アイライ村における親族調査資料]    南洋廳の罫紙を使用  B5罫紙など14枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
294 F-8-2 フィールドノート  [Kebliil]  [アイライ村における親族調査資料]      B5紙10枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
295 F-8-2 フィールドノート  [Kebliil]  [アイライ村における親族調査資料]    南洋廳の罫紙を使用  B5罫紙4枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
  F-8-3 封筒    「Ⅷ. Gareor(コロール)」-「Ⅷ. Gareorスミ」        
296 F-8-3 手書き地図    村落地図      方眼紙(47×63) 1枚  
297 F-8-3 地図  パラオ島植民区割地位置図      書き込み多数有  (38×27)1枚  
298 F-8-3 手書き図  コロール村の家の一例        (23×32)1枚  
299 F-8-3 フィールドノート  1、a Irai 氏社全体の総括  [フィールド調査(歴史・家族構成・親族(氏族)組織に関する記述)]      レターサイズ           ルーズリーフ21枚  
300 F-8-3 フィールドノート  Goreorの歴史  [フィールド調査(歴史・家族構成・親族(氏族)組織に関する記述)]      レターサイズ           ルーズリーフ6枚  
301 F-8-3 フィールドノート  [Ⅰ.Duluyalk ra ngermesungil]  [フィールド調査(歴史・家族構成・親族(氏族)組織に関する記述)]      B5罫紙6枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
302 F-8-3 フィールドノート  [正確なものを・・・]  [フィールド調査(歴史・家族構成・親族(氏族)組織に関する記述)]      B5罫紙2枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
303 F-8-3 フィールドノート  [(1) blar]  [フィールド調査(歴史・家族構成・親族(氏族)組織に関する記述)]      B5紙12枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
304 F-8-3 フィールドノート  [Ikelau]  [フィールド調査(歴史・家族構成・親族(氏族)組織に関する記述)]      B5紙11枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
305 F-8-3 フィールドノート  [Ⅲ.Ngiroulidid]  [フィールド調査(歴史・家族構成・親族(氏族)組織に関する記述)]      B5紙9枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
306 F-8-3 フィールドノート  「女が死んだとき]  [フィールド調査(歴史・家族構成・親族(氏族)組織に関する記述)]    南洋廳の罫紙を使用  B5罫紙など14枚  
  F-8-4 封筒    「Ⅸ. Armid」-「 Armid」(飯塚浩二氏より杉浦健一宛の封筒)        
307 F-8-4 手書き地図    村落地図      方眼紙(47×63) 1枚  
308 F-8-4 フィールドノート  [kebliil bodoleang]  [親族調査資料]      B4紙18枚  
309 F-8-4 フィールドノート  [kraemer Remeliik村のkebliil, blai adui表を書け]  [親族調査資料]      B4紙7枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
310 F-8-4 フィールドノート  [kraemer Remeliik村のkebliil, blai adui表を書け]  [親族調査資料]      B4紙9枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
  F-8-5 封筒    「Ⅹ. Peliliou」-「 Armid、10月27・28日」(飯塚浩二氏より杉浦健一宛の封筒(封筒に日付記述)有      
311 F-8-5 手書き地図  Ngaldobolok  村落地図      方眼紙(47×63) 1枚  
312 F-8-5 フィールドノート   Peliliou 島 Ngaldobolok村      白紙5枚  A3紙9枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
313 F-8-5 フィールドノート  [Ⅰ.Klbliil Ugelion]  親族組織ノート  ①ノート7枚    B5判1部  
314 F-8-5 フィールドノート  Klbliil の起こり  起源神話(ペリュー、カヤンケル、アンガウル)      レターサイズ罫紙8枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
315 F-8-5 フィールドノート  ペリュー島民クレブリール表  昭和12年夏 調査(他は昭和14年調査)    南洋廳の罫紙を使用  B5罫紙9枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
316 F-8-5 フィールドノート    [ペリリューの屋敷名に関する聞き書き]    南洋廳の罫紙を使用  B5罫紙ほか13枚  
317 F-8-5 手書き地図  アンガウル島略図      青焼き印刷  A5紙1枚  
318 F-8-5 手書き地図  ペリリュウ全島圖  縮尺貮萬四千分之壹    青焼き印刷  (37×48) 1枚  
  F-9 ファイルボックス  杉浦8パラオその1          
  F-9-1 封筒  民族研究所  「(7)パラオにおける法的生活」        
319 F-9-1 草稿  生活規範 社会秩序      南洋廳の罫紙を使用  B4罫紙7枚  紐とじ
320 F-9-1 草稿  生活規範 社会秩序  慣習と法    南洋廳の罫紙を使用  B4罫紙など5枚  紐とじ
321 F-9-1 雑誌  法律時報 第14巻 第20號  經濟發達の段階よりみたる南方未開民族  / 平野義太郎 , PP.8-18                         文献月報(昭和17年10月)PP.75-82など    昭和17年12月1日発行  B5判1部  表紙外れ
322 F-9-1 リーフレット  コメンタール篇・法学理論篇  [書籍案内]    折りたたみ  A4紙1枚  
323 F-9-1 図表  霊長類進化図表      謄写版刷  B4紙2枚  
324 F-9-1 案内  人類学研究連絡委員会開催通知  昭和25年5月25日付      B5紙1枚  
325 F-9-1 草稿  [手書き契約書の一部]        B5紙1枚  
326 F-9-1 調査票  様式(一) 整理済 標本調査票      記入有  B4紙1枚  
327 F-9-1 調査票  様式(二) 未整理 標本調査票      記入有  B4紙1枚  
328 F-9-1 フィールドノート  [blul]      方眼紙裏利用、2枚白紙  A4紙6枚  
329 F-9-1 フィールドノート  [法と慣習]      白紙2枚  B5紙など20枚  
330 F-9-1 フィールドノート  [家屋の使用慣習と家族生活]        B5紙6枚  
331 F-9-1 フィールドノート  [パラウ島民の社会組織]      白紙3枚  B5紙6枚  
332 F-9-1 フィールドノート  [人類学は・・・]        B5紙9枚  
333 F-9-1 フィールドノート  [未開社会における人間関係の秩序付]        A4紙11枚  
334 F-9-1 フィールドノート          B5紙10枚  
335 F-9-1 フィールドノート  [通俗的には・・・]      日本人類學會の原稿用紙使用  A5原稿用紙2枚  
  F-9-2 封筒    「(8)パラオ トーテミズム」        
336 F-9-2 抜刷  パラウに於ける所謂トテミズムに就て / 杉浦健一  『人類学』55(4):17-28(1940)      B5判1部  
337 F-9-2 切り抜き    『人類學雑誌』52(1)-52(2)(1937)      B5紙4枚  
338 F-9-2 フィールドノート  アカラップ カボクド        B5紙など16枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
  F-9-3 封筒    「パラオの係累関係」        
339 F-9-3 原稿  親族体系Ⅱ縁族関係  改正版      レターサイズ紙13枚  
340 F-9-3 草稿  「家族」1-74 1部      裏面利用  B5原稿用紙72枚  紐とじ
341 F-9-3 フィールドノート  (10)アカラップ カボクド  妊娠、出産      B4紙4枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
  F-9-4 封筒  東京プロセス社  「(1)土地と住民」        
342 F-9-4 草稿  [パラオ島民の居住について]        B5原稿用紙24枚  紐とじ
343 F-9-4 フィールドノート  Melekeok管区なる地縁田係        B4紙4枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
344 F-9-4 フィールドノート  Kebkud管区なる地縁関係        B4紙4枚  
  F-9-5 封筒  南洋廳  「パラオの土地と住民」        
345 F-9-5 草稿  パラオ 土地と住民 Tribeの問題      民族研究所の原稿用紙裏面利用  B5原稿用紙など30枚  
346 F-9-5 雑誌  法律時報 第15巻 第3號  法の民族学的研究に関する文献目録(欧文)  / 平野義太郎 , PP.24-31                民法雑記帳 / 末広厳太郎, PP.32-33  など      B5判1部  
347 F-9-5 草稿  犯罪と刑罰    ①メモ5枚    B4紙12枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
348 F-9-5 フィールドノート  [(7)パラオの法的秩序]    ①メモ2枚  白紙5枚  B5紙35枚  紐とじ
  F-10 ファイルボックス  杉浦8パラオその2          
  F-10-1 封筒    「重要(?)書類」        
349 F-10-1 抜刷  東亜共榮圈資源科學文獻目録:馬来半島  『資源科学研究所』1943年, PP.183-210    「謹呈 杉浦健一殿 資源科学研究所人類学先史学部」の書き込み有  B5判1部  
350 F-10-1 大綱  舊慣調査大綱      謄写版刷  B4紙2枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
351 F-10-1 書簡  [旧慣調書所要地方・時期別]  南洋庁税務課土地調査係から杉浦嘱託 宛      B4罫紙2枚  紐とじ
  F-10-2 封筒    「氏族組織パラオ」        
352 F-10-2 草稿  代表的十ケ村の氏族構成  氏族のまとまり  ①メモ1枚  ノートの体裁  B4判35枚  紐とじ
  F-10-3 封筒    「パラオ」の記述有        
353 F-10-3 フィールドノート  パラオ島の民族学的調査報告        B4罫紙など3枚  
  F-10-4 封筒    「パラオ 建築」        
354 F-10-4 草稿  コロール氏族の歴史  [建物の種類]  ①メモ5枚    レターサイズ紙19枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
355 F-10-4 スケッチ図版  [建造物の原図]        (17×13) 透写紙1枚  
356 F-10-4 スケッチ図版  [アイミヨン]      建造物スケッチ多数、厚紙の手製ファィ「人類学教室」に挿入  B5罫紙など小片15枚  
  F-10-5 封筒  大日本印刷株式會社  「パラオ ⑭パラオの漁労⑮パラオの芋田⑯専門家の分業」        
357 F-10-5 草稿  (14) パラオの漁労        レターサイズ紙など14枚  
358 F-10-5 草稿  (15) Taro芋の■種と分布        B4紙13枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
359 F-10-5 草稿  (16) 専門家の分業        B4紙9枚  
  F-10-6 封筒  帝國學士院  「妊娠 出産」        
360 F-10-6 草稿  (10) 妊娠        B4紙4枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
361 F-10-6 草稿  出産        B4紙4枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
362 F-10-6 草稿  結婚について        B4紙20枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
363 F-10-6 草稿  (13) 戦争 首狩    ①メモ1枚    B4紙9枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
364 F-10-6 草稿  (11) Marriage一般        B4紙10枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
365 F-10-6 草稿  家族        B4紙6枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
366 F-10-6 草稿  Blaiの意味        B4紙7枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
367 F-10-6 草稿  Family        B4紙8枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
368 F-10-6 草稿  Ⅰ Ngebiulの家族        B4紙11枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
369 F-10-6 草稿  Ⅱ Kebuked        B4紙13枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
  F-10-7 封筒    「宗教」        
370 F-10-7 抜刷  島民の指導と宗教 / 杉浦健一  昭和13年 2月 PP.11-15&31-36      A5判1部  
371 F-10-7 フィールドノート  科学的Heil kund    ①メモ1枚    B4紙6枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
372 F-10-7 ノート(引用)  Der Ahnenkult in Mikronesien  1737[ Hans Heinrich Bohme]、小袋入り(Der Ahnenkult in Mikronesien)    裏面利用  B5原稿用紙9枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
373 F-10-7 フィールドノート    小袋入り(南洋群島の宗教)      B5紙など18枚  
374 F-10-7 フィールドノート  大工の始め      白紙1枚  B4紙など7枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
  F-10-8 封筒    「パラオ」        
375 F-10-8 抜刷  パラオ島における集落の二分組織について / 杉浦健一  『人類學雑誌』53(3):PP.27-37(昭和13年3月)    「杉浦」の署名、書き込み多数有  B5判1部  
376 F-10-8 草稿  マルキヨク村の成立史    メモ1枚    B5罫紙11枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
377 F-10-8 メモ  [集落について]        B5罫紙など13枚  
378 F-10-8 メモ  [Ⅰ.Udes]        B4紙4枚  
379 F-10-8 草稿  Ⅰ.Udes        B4紙など12枚  
380 F-10-8 草稿  Ⅱ.Umerang        B4紙など7枚  
381 F-10-8 草稿  Ⅲ.Luluked        B4紙など4枚  
382 F-10-8 草稿  Ⅳ.Mid        B4紙など3枚  
383 F-10-8 草稿  I (Ⅴ) Ngeruosog        B4紙など12枚  
384 F-10-8 草稿  [1.氏族制度]      書き込み多数  B4紙3枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
385 F-10-8 フィールドノート  [現在あるゲラムの家々]        B4紙など19枚  
386 F-10-8 手書き地図    村落地図      方眼紙(47×63) 1枚  
387 F-10-8 手書き地図    村落地図      方眼紙(47×63) 1枚  
388 F-10-8 手書き地図    村落地図      方眼紙(51×42) 1枚  
389 F-10-8 草稿  [カベ]  小袋入り(氏族長と部酋長)      B4紙10枚  クリップ留め     《錆のため撤去》
390 F-10-8 フィールドノート          B4紙3枚  
391 F-10-8 草稿  Ⅶ.A Irai        B4紙8枚  クリップ留め     《錆のため撤去》
392 F-10-8 草稿  [妻の立場]        B4紙7枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
  F-10-9 封筒    [①パラウ貨幣②パラウのクラロに対する観念③祭り・舞踊]         破損有
393 F-10-9 草稿  (17) Udoudの相続        B4紙4枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
394 F-10-9 草稿  (17) Udoud        B4紙13枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
395 F-10-9 草稿  パラオのクラロに対する観念      表紙つき  B5判9枚  紐とじ
396 F-10-9 草稿  19.Ruk    ①メモ7枚  白紙16枚  B4紙23枚  
397 F-10-9 メモ  Kraroの所有権      南洋廳の罫紙を使用  B5罫紙11枚  
398 F-10-9 ノート(引用)  [Boil]        B4紙6枚  
  F-10-10 封筒    「パラオ 年令団体 Chaldebechel」        
399 F-10-10 草稿  女組合の仕事        B4紙33枚  紐とじ
  F-11 ファイルボックス  杉浦7 ポナペ2-2          
400 F-11 メモ  [一人称、二人称・・・]        A6メモ紙10枚  
  F-11-1 封筒    「Muar Kamatip」        
401 F-11-1 メモ  [酋長組織]        (14×9) 4枚  
402 F-11-1 フィールドノート  [Kamatip ■■的意味]        B5罫紙3枚  
  F-11-2 封筒    「Muar」        
403 F-11-2 概要  東亜諸民族調査項目概要  第5號書類    謄写版刷、裏面はフィールドノート  B5紙9枚  
404 F-11-2 フィールドノート  第2回のKitiの調査      南洋廳の罫紙を使用  B5罫紙など11枚  紐とじ
405 F-11-2 フィールドノート  [ナンマルキ親族呼称メモ]      雄山閣原稿用紙裏面利用  B4原稿用紙2枚  
406 F-11-2 フィールドノート  [ナンマルキに関するメモ]      南洋廳の罫紙を使用  B4罫紙など4枚  
407 F-11-2 メモ  [食べて悪い食]      白紙2枚  A6メモ紙など3枚  
  F-11-3 封筒  南洋廳  「ポナペの対策」        
408 F-11-3 草稿  ポナペ島に於ける旧慣調査の意義      南洋廳の罫紙を使用  B5罫紙など33枚  
409 F-11-3 メモ  酋長の発祥地      白紙12枚  A5紙15枚  
  F-11-4 封筒    「メタラニーム タモン」-「メタラニーム タモン」(台北帝大医学部解剖 忽那■愛氏より東京帝大人類学教室編輯部宛)        
410 F-11-4 フィールドノート  ナヌエ字のMar en Kaujap      南洋廳の罫紙を使用  B5罫紙10枚  
411 F-11-4 手書き地図  [タモン]        A4方眼紙1枚  
412 F-11-4 手書き地図  [Nan wai in Tamon]        (32×47) 1枚  
413 F-11-4 スケッチ図  [民具図]        (22×28) 1枚   破損有
  F-11-5 封筒  東京工業試驗所  「メタラニーム マチンヨ」-「メタラニーム マチンヨ」の記述有、(東京帝国大理学部地質学教室地質学会宛)        
414 F-11-5 フィールドノート  [人物調査]      南洋廳の罫紙を使用  B5罫紙12枚  
415 F-11-5 手書き地図        裏面はフィールドノート  A4方眼紙3枚  
416 F-11-5 手書き地図  [マチジヨ]        方眼紙(47×63) 1枚  
  F-11-6 封筒  民族研究所  「食物の分配マーシャル ポナペ」        
417 F-11-6 草稿  ポナペのNopui        B5紙など42枚  
418 F-11-6 フィールドノート  [生産と分配]  茶封筒入り(分配)    裏面利用  方眼紙(64×24)1枚  
419 F-11-6 報告書  昭和4年度調査 ポナペ島酋長制度ノ沿革  [ナット村聞書ろし]    謄写版刷  B4紙18枚  紐とじ
420 F-11-6 草稿  [■■の事情]        B4紙6枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
421 F-11-6 メモ  [地図]  パラオマル スギウラ ショクタク 宛電報(15.7.28付け)表裏に書き込み    電文不明  (21×15) 1枚  
422 F-11-6 フィールドノート  [家屋1]      南洋廳の罫紙を使用  B5罫紙31枚  
423 F-11-6 手書き地図  Awak I and Awak II        方眼紙(64×24)2枚  
424 F-11-6 フィールドノート  [Wai]  茶封筒入り(Wai)      B5便箋など6枚  
425 F-11-6 抜刷  ポナペ島民の敬語 / 杉浦健一  『人類學雑誌』55(11) PP.:1-10 (昭和15年11月)      B5判1部  
  F-11-7 封筒    「家族親族 ポナペ」(京城帝國大學医學部解剖學敎室 大西雅郎氏より東京帝大理学部人類学教室内人類学会宛)      
426 F-11-7 草稿  家族組織    ①メモ1枚  大日本帝國政府の罫紙  B4罫紙など15枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
427 F-11-7 草稿  家族構成      南洋廳の罫紙裏面を利用  B4罫紙など24枚  
428 F-11-7 草稿  ポナペの家族      南洋廳の罫紙を使用  B4罫紙2枚  
  F-11-8 封筒    「ポナペの氏族」        
429 F-11-8 草稿  ポナペの歴史概要      南洋廳の罫紙を使用  B4罫紙13枚  紐とじ
430 F-11-8 草稿  ポナペの氏族組織        B4罫紙32枚  紐とじ
431 F-11-8 問題用紙  きいてわかるがくもんことばをつくるかい  [提出者氏名(波多野完治、依田 新、宮城音彌、など]    謄写版刷  B4紙4枚  
432 F-11-8 草稿  ポナペの氏族        B4罫紙15枚  
433 F-11-8 ノート(引用)  Kanibalism  [文献名]、小袋入り(カニバリズム)    1枚はがき裏利用  情報カード(14×9) 4枚  
434 F-11-8 ノート(引用)    [文献名]、小袋入り(児殺し)      情報カード(14×9) 7枚  
  F-11-9 封筒    「Kansap」        
435 F-11-9 草稿  [KitiのKansapのまとまり]        B5罫紙8枚  
436 F-11-9 草稿  [Kansap]        B5罫紙2枚  
437 F-11-9 フィールドノート  [セニペン]        B5罫紙15枚  
  F-11-10 封筒    「キチー オネー」        
438 F-11-10 フィールドノート  [1,Laker]      南洋廳の罫紙を使用  B5罫紙7枚  
439 F-11-10 フィールドノート  [家系図]      南洋廳の罫紙を使用  B5罫紙3枚  
440 F-11-10 手書き地図  [キチー オネー]        A4方眼紙2枚  
441 F-11-10 手書き地図  [Ponpel, Ipal, Laker, Ruwak]        方眼紙(64×24)1枚  
  F-12 ファイルボックス  杉浦11 マイクロネシア・ポリネシア・インドネシア雑          
  F-12-1 封筒    「クサイ(カロリン)」  「クサイ」「ナット・カーアル」A4カード入り      
442 F-12-1 フィールドノート  Kusae        B5罫紙2枚  
443 F-12-1 フィールドノート  [聞き取り調査メモ]        B5ルーズリーフ2枚  
444 F-12-1 フィールドノート        裏面利用  方眼紙(47×63) 1枚  
445 F-12-1 手書き地図  Kaar in Nat (Ponape)        方眼紙(47×32) 1枚  
446 F-12-1 手書き地図  「Nat」        方眼紙(47×32) 1枚  
447 F-12-1 手書き地図  [Kaiuschi]          
  F-12-2 封筒    「アイリン資料」-「アイリン」(人類学会御中)  「アイリン」A4カード入り      
448 F-12-2 フィールドノート  エニピン字の例 地図参照      島民改善奨勵會配布各村用紙を使用  B4罫紙8枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
449 F-12-2 フィールドノート  [bugon]        B4紙など6枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
450 F-12-2 手書き地図  Ailing lap島      両面  方眼紙(47×63) 1枚  
451 F-12-2 手書き地図  アイリンラップ        A4方眼紙1枚  
  F-12-3 封筒    「トラック」  「トラック」A4カード入り      
452 F-12-3 フィールドノート  Truk        B5罫紙1枚  
453 F-12-3 フィールドノート  貫頭衣        B5罫紙2枚  
454 F-12-3 フィールドノート  [親族呼称]  茶封筒入り(トラック親族呼称)      A5ルーズリーフなど12枚  
455 F-12-3 概況  昭和十四年六月 管内概況 トラック支廳  茶封筒入り(昭14管内概況トラック支庁)  ①地図(夏島公学校学区之図)1枚  謄写版刷  B4紙14枚  ステープラ留め   《錆のため撤去》
  F-12-4 封筒    「Ratak-Ralik」        
456 F-12-4 フィールドノート  Ratak-Ralik        B5罫紙1枚  
457 F-12-4 抜刷  Orchidaceae Novae Micronesiacae. Ⅳ          / Takasi Tuyama  The Botanical Magazine vol.54(644)(1940)    「謹呈 杉浦様 著者」の書き込み有  A5判1部  
  F-12-5 封筒    「ポリネシア資料」        
458 F-12-5 ノート(引用)    茶封筒入り(家屋・政治)    民族研究所名  情報カード(14×9) など 5枚  
459 F-12-5 ノート(引用)    茶封筒入り(ポリネシアの社会組織の特色)      情報カード(14×9) など 12枚  
460 F-12-5 フィールドノート    茶封筒入り(ポリネシヤ全体の各関係)      情報カード(14×9) など 15枚  
461 F-12-5 フィールドノート    茶封筒入り(宗教)      情報カード(14×9) など 13枚  
462 F-12-5 フィールドノート    茶封筒入り(ポリネシヤ物質文化)      情報カード(14×9) 2枚  
463 F-12-5 フィールドノート    茶封筒入り(ポリネシヤの社会組織資料)      情報カード(14×9 ) 68枚  
464 F-12-5 フィールドノート  [オントン・ヤバの親族呼称]        A5ルーズリーフ1枚  
465 F-12-5 フィールドノート  [神について]        A5ルーズリーフ1枚  
466 F-12-5 フィールドノート  [論文構成など]        A5ルーズリーフ3枚  
467 F-12-5 フィールドノート  [トンガにおける階層]        A5ルーズリーフ9枚  
468 F-12-5 フィールドノート  [ポルネオ]        A5ルーズリーフ2枚  
469 F-12-5 フィールドノート  [Maoriの社会組織]        B5罫紙3枚  
  F-12-6 ケースファイル    「親族名称 Polynesia」        紐かけ有
470 F-12-6 フィールドノート  [ポリネシア各地域における親族名称]      白紙7枚  レターサイズ39枚  
  F-12-7 封筒    「物質文化トラック・カサップ・ポナペ・ピンゲラップ・ルクノール・オルール・ヌクオロ・ソンソル」        
471 F-12-7 ノート(引用)  [道具スケッチ、メモ]  茶封筒入り(南洋群島 木皿・木鉢・木箱)      (14×9) など33枚  
472 F-12-7 フィールドノート  「Basketry」        B5ルーズリーフ3枚  
473 F-12-7 フィールドノート  ミクロネシヤ物質文化    ①カード1枚    B5判1部  
  F-12-8 封筒    「地図ミクロネシア インドネシア」        
474 F-12-8 地図  海外に於ける邦人発展の現勢(昭和14年1月)  月刊『海を越えて』新年号附録    カラー印刷  (40×72) 1枚  
475 F-12-8 地図  標準大東亜分圖・セレベス・モルッカ諸島  昭和18年3月15日発行    カラー印刷  (54×76) 1枚  
476 F-12-8 地図  標準大東亜分圖・マライ・スマトラ  昭和18年2月25日発行    カラー印刷、書き込み有  (76×54) 1枚  
477 F-12-8 地図  標準大東亜分圖・ジャワ  昭和18年3月15日発行    カラー印刷、書き込み有  (54×76) 1枚  
478 F-12-8 地図  標準大東亜分圖・ボルネオ  昭和18年3月15日発行    カラー印刷  (54×76) 1枚  
479 F-12-8 地図  標準大東亜分圖・パプア(ニューギニヤ)  昭和18年3月15日発行    カラー印刷、書き込み有  (54×75) 1枚  
480 F-12-8 地図  標準大東亜分圖・ジャワ・小スンダ列島  昭和18年3月15日発行    カラー印刷  (54×75) 1枚  
481 F-12-8 地図  東亜諸民族分布圖  昭和17年3月28日発行    カラー印刷  (105×75) 1枚  
482 F-12-8 地図  東亜諸民族分布圖  昭和17年3月28日発行      (110×78) 1枚  
483 F-12-8 地図  [樺太 内路村]      青焼き  (47×51) 1枚  
  F-12-9 封筒    「南洋関係雑」        
484 F-12-9 地図  テニアン島      青焼き  B4紙1枚  
485 F-12-9 日記  [朝六時半起床 九時にコロール波止場へ・・・  (?年8月2~4日・8月14~15日)      A5罫紙など3枚  
486 F-12-9 日程表  パラオ視察日程      時間と場所の記述有  B6紙1枚  
487 F-12-9 リスト  サイパン視察地リスト      場所にナンバリング有  B6紙1枚  
488 F-12-9 説明書  アンガウル島説明書  南洋拓殖株式会社アンガウル鉱業所    書き込み多数有  A5判(6頁)  
489 F-12-9 講演用旨  探検家及宣教師の觀たる19世紀以前の囚人島-即マリアンヌ諸島  昭和15年6月4日アンリ・ベルナール師講演(於:日仏会館)    謄写版刷  B5紙2枚  
490 F-12-9 メモ  [E..s.s.中の人類学者の■■]        A5ルーズリーフ2枚  
491 F-12-9 メモ  [Truk島は・・・・]        B5紙2枚  
492 抜刷  舊蘭印軍部の觀たるインドネシア諸民族の性格  [舊蘭印軍士官敎程の一部]    PP.79-90  A5判1部  ステープラ留め   《錆のため撤去》
493 抜刷  結納と勞働組織 / 有賀喜左衞門  『社会経済史学』6(3・4・5)  昭和11年6.7.8月發行    [謹呈 杉浦健一様]の書き込み有  A5判(53頁)  
494 抜刷  Psychology and sociology  / Lowie, R.H.   The American Journal of Sociology vol.21(2) : PP.217-229(1915)    「図書室」のメモ有  B5判1部  
495 速記録  ヤップ離島サトワル島々民の慣習 / 南洋庁内務部地方課  昭和14年1月16から18日 土方久功氏講演      B4和紙(38頁)  ステープラ留め   《錆のため撤去》
  F-13 ファイルボックス  杉浦13 成長と老衰    「成長と老衰」A4カード入り      
496 フィールドノート  成長と老衰 1  T.Sofue  [個人別聞き取り調査の記録、アンケートの回答、家系図など]    個人名の付箋つき  大學ノート(B5)  
497 フィールドノート  吉井千代子  昭和26年3月  [個人別聞き取り調査の記録、アンケートの回答、家系図など]  ①メモ1枚 ②メモ1枚  個人名の付箋つき  大學ノート(B5)  
498 フィールドノート  十和田村調査 杉浦  [個人別聞き取り調査の記録、アンケートの回答、家系図など]  ①十和田村田尾部落ロールシャッハテストによる分析1枚②メモ5枚  個人名の付箋つき  大學ノート(B5)  
499 フィールドノート    [個人別聞き取り調査の記録、アンケートの回答、家系図など]    個人名の付箋つき  大學ノート(B5)  
500 フィールドノート    [個人別聞き取り調査の記録、アンケートの回答、家系図など]    個人名の付箋つき  B4紙76枚  破損有
501 調査資料  [氏名・所在地・人数]  昭22年10月1日現在    資源調査会罫紙使用  B4紙3枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
502 草稿  アイヌの身体諸形質の調査資料について / 須田      皇國青年教育協會原稿用紙使用  B5原稿用紙3枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
503 草稿  [親族関係を現すアイヌ語には・・・]        B5原稿用紙2枚  
  F-13-1 ケースファイル    「Documents」        
504 F-13-1 報告書  車力村調査準備経過大要-そのプランの推移について-祖父江孝男記  昭和25.9.1秋風の音におどろきつつ記      A4罫紙3枚  虫ピン留め     《錆のため撤去》
505 F-13-1 メモ  全体の構想  [青森県西津軽郡車力村に関する論文?]      A4罫紙など14枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
506 F-13-1 草稿  田下駄  手書き図有      B5罫紙3枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
507 F-13-1 草稿  嬰兒籠  手書き図有  ①写真6カット(台紙に貼付)    B5罫紙3枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
508 F-13-1 草稿  村における農具散見  手書き詳細図有      B5罫紙3枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
509 F-13-1 草稿  人口        A4罫紙18枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
510 F-13-1 草稿  歴史  手書きグラフ有      A4罫紙9枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
511 F-13-1 草稿  大字車力全体生産高        A4罫紙11枚  虫ピン留め     《錆のため撤去》
512 F-13-1 草稿  大字車力区分の補足        A4罫紙など4枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
513 F-13-1 草稿  Material Culture(農具を除く)        B5罫紙5枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
514 F-13-1 メモ  車力村聞き取り調査日程表  [須田・杉浦・祖父江・香原・吉井各氏の詳細な行動記録] 1950.7~8月      A4罫紙など10枚  虫ピン留め     《錆のため撤去》
515 F-13-1 抜刷  コレクション三題 / 弘高女  成田末五郎  青森博物研究會會報 第五號 PP.21-22      B5判1枚  
516 F-13-1 記念誌  豊富開村誌 : 開村百年祭記念号 昭和二十五年九月十日      A5判(14頁)  
517 F-13-1 草稿  鯵ヶ沢保険所ニテcopyセル           『車力村死亡統計』        B5罫紙など3枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
518 F-13-1 メモ  [本村は・・・]        B4紙など5枚  
519 F-13-1 地図  小泊        (46×58) 1枚  
520 F-13-1 地図  金木        (46×58) 1枚  
  F-14 ファイルボックス  杉浦14 原稿3-1          
  F-14-1 封筒    「原稿ポナペ・エマタラニーム国の歴史・ウ国の歴史・藩バツ・ナツトロ」        
521 F-14-1 草稿  ウ国の歴史      民族研究所原稿用紙使用  B5原稿用紙78枚  紐とじ
522 F-14-1 草稿  ナット国の歴史      民族研究所原稿用紙など使用  B5原稿用紙22枚  
523 F-14-1 草稿  マタラニーム      民族研究所原稿用紙使用  B5原稿用紙68枚  紐とじ
524 F-14-1 草稿  マタラニーム国の歴史      民族研究所原稿用紙使用  B5原稿用紙86枚  紐とじ
525 F-14-1 草稿  キチー国家      民族研究所原稿用紙使用  B5原稿用紙83枚  紐とじ
  F-14-2 封筒  南洋廳  「ポリネシア」    書き込み多数有    
526 F-14-2 草稿  ポリネシヤ      六盟館原稿用紙使用  B5原稿用紙41枚  
  F-14-3 封筒    「マーシャルの経済生活の変化」        
527 F-14-3 草稿  [ミクロネシア文化について]      民族研究所原稿用紙など使用  B5原稿用紙24枚  
528 F-14-3 メモ  「A総論」      民族研究所原稿用紙など使用  B5原稿用紙2枚  
529 F-14-3 スケッチ図版  [斧など]      雑誌表紙に挟まれている  2組11枚  
  F-14-4 封筒  日本出版協會  「Personality」        
530 F-14-4 草稿  [民族学は何を研究するか]        B4紙など51枚  
  F-14-5 封筒  民族研究所  「474-終わり」        破損有
531 F-14-5 フィールドノート        数種類の原稿用紙裏面利用、紙面両面に書き込みがあるため、内容識別不明  B4紙など107枚  
  F-14-6 封筒  拓殖奨勵館  「編物」        
532 F-14-6 草稿  編み物        B4紙など16枚  
533 F-14-6 メモ  [独語メモ]        A4罫紙10枚  
534 F-14-6 草稿  [ココ椰子の利用]      東京帝國大學理學部人類學敎室の便箋  B5便箋8枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
535 F-14-6 草稿  [Ⅰマーシャル Ⅱポナペ Ⅲトラック・・・]      東京帝國大學理學部人類學敎室の便箋  B5便箋6枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
536 F-14-6 草稿  [ミクロネシアの椰子■■        B5罫紙6枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
537 F-14-6 草稿  [YapのKörb]        B5便箋6枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
538 F-14-6 草稿  [SamoaのPlaiting]        B5便箋7枚  クリップ留め        《錆のため撤去》
539 F-14-6 草稿  [トラック]      京城帝國大學解剖學敎室  B5原稿用紙など5枚  
  F-14-7 封筒  同文館  「人類学史、杉浦先生  校正が出はじめました。あとの原稿を急がれておりま・・・」      
540 F-14-7 草稿メモ          B5紙など69枚  
  F-15 ファイルボックス  杉浦15 原稿3-2    「出版されたかもしれない原稿」A4カード入り      
  F-15-1 封筒    「ヤップ島民の鎮守神とその遊行」        
541 F-15-1 草稿  ヤップ島民の鎮守神とその遊行        B4原稿用紙など49枚  
  F-15-2 封筒    「ヤップ原稿」  「ヤップ」A4カード入り      
542 F-15-2 草稿  [ヤップ島について]      民族研究所原稿用紙裏面利用  B4原稿用紙42枚  紐とじ
543 F-15-2 草稿  [Ⅰ総論]        B4紙など23枚  
544 F-15-2 草稿  [ⅡUeloi地区]        B4紙21枚  
545 F-15-2 草稿  [Ⅲウギルハマップ]        B4紙22枚  
546 F-15-2 草稿  [ヤップ島民は・・・]        B5紙27枚  
  F-15-3 封筒    「ミクロネシア原稿」-「ポナペ草稿」        
547 F-15-3 草稿  [5頁の補]      民間傳承の會の原稿用紙裏利用  B4原稿用紙33枚  
  F-15-4 封筒    「ミクロネシア」大陸科學院 奥田直榮氏より古野清人様宛封筒        
548 F-15-4 草稿  [南方圏の人々は・・・]      民族研究所原稿用紙使用  B5原稿用紙72枚  
549 F-15-4 草稿  [私が南洋廳嘱託となりまして・・・]      三省堂原稿用紙使用  B5原稿用紙50枚  
550 F-15-4 草稿  [宗教と申しますと・・・]      民族研究所原稿用紙裏面利用  B5原稿用紙42枚  
  F-15-5 封筒    「原稿」        
551 F-15-5 草稿  第一部 權力、酋長        B5原稿用紙8枚  
  F-15-6 封筒    「原始経済論」        
552 F-15-6 草稿  [①二十世紀の初めで・・・]        B5紙など52枚  
  F-15-7 封筒    「南方文化」        
553 F-15-7 講演原稿  [大東亜戦争に於ける日本の輝かしい・・・]      民族研究所原稿用紙裏利用  B5原稿用紙58枚  
554 草稿  南太平洋の生産技術      民族研究所原稿用紙使用  A4原稿用紙77枚  紐とじ
555 草稿  旧慣調査上より見た島民の土地氏有権決定に対する意見 / 南洋庁嘱託東京帝大理学部副手 杉浦健一  昭和13年11月提出(本郷区東京帝国大学人類学教室内)      A4原稿用紙22枚  紐とじ
556 講演原稿  昭和17年7月3日於佐藤生活館講堂  [只今紹介に預かりました杉浦でございます。・・・]      B5原稿用紙93枚  紐とじ、表紙セロテープの補修有
  F-16 紙袋  PPC用紙          
  F-16-1 封筒  宗敎問題研究會  「オミン村」        
557 F-16-1 フィールドノート  [ヤップ オミン村神話・民族調査]        B5紙など17枚  
  F-16-2 封筒  日本民族學會  「心オボエ、カード」        
558 F-16-2 標本カード  [メモ]      日本民族學會附属研究所標本カード  (14.5×9.5)6枚  
  F-16-3 封筒  史蹟名勝天然記念物保存協会  「カニフ村」        
559 F-16-3 フィールドノート  カニフ地域ガラガマウ村での調査        B5紙22枚  
560 F-16-3 フィールドノート  Ngolok村村長系図        B5紙など8枚  
561 F-16-3 フィールドノート  ForkloreⅠの1        B5原稿用紙11枚  
562 F-16-3 フィールドノート  ForkloreⅠの2        B5紙4枚  
563 F-16-3 フィールドノート  ForkloreⅡ        B5罫紙7枚  
  F-16-4 封筒  邦人社  「タープの祭り」        
564 F-16-4 フィールドノート  [タープ村の祭リについて]        B5紙など10枚  
565 F-16-4 フィールドノート  リケンの葬式        B5紙4枚  
  F-16-5 封筒  宗敎問題研究會  「チョール村」        
566 F-16-5 手紙の下書き  [ヤップ支廳の教室により・・・]        B5罫紙1枚  
567 F-16-5 会報  ヤップ民族学的調査豫報  『人類学雑誌』53(12):PP.33-38(1938)      B5判1部  
568 F-16-5 メモ  [親族呼称調査]        A6ノート1枚  
569 F-16-5 フィールドノート  [チョール村親族組織]        B5紙14枚  
570 F-16-5 別刷  未開社會に於ける技術家 / 杉浦健一  『ドルメン』5(4):PP.141-146(1939)    「杉浦」の署名有  A5判1部  
  F-16-6 封筒    「ヤップ 原稿あるいは原稿に近いもの」        
571 F-16-6 メモ  ヤップの整理原稿        B5紙7枚  
572 F-16-6 原稿  Genon  [ヤップ神話]      A4罫紙47枚  ビニール紐とじ
573 F-16-6 原稿  家屋敷の使用 家族とその成員の分担        A4罫紙29枚  ビニール紐とじ
574 F-16-6 メモ  [ドイツ語文献引用]        A4罫紙12枚  
575 F-16-6 原稿  [神話]      白紙1枚  A4ルーズリーフ9枚  
  F-16-7 封筒  The Royal Canadian Institute  「ヤップ神話」        
576 F-16-7 原稿  オカオの洪水神話と7人の神の話        B5原稿用紙15枚  
577 F-16-7 原稿  [オカオ村の神話他調査]  [ヤップ・フィールド調査日程メモ]あり      B5罫紙など12枚  
578 F-16-7 メモ  [文献引用]        B5罫紙など10枚  
579 手書き地図  [トロ]        A4方眼紙1枚  
580 手書き地図  [ターフ メルル]        A4方眼紙2枚  
581 メモ  [チョールとトロの戸口簿]        B5罫紙1枚  
582 メモ  [地籍簿]  オネヤン村・ターフ村・メルル村      B5罫紙4枚  
583 原稿  ガチャバルの相続法      民族研究所原稿用紙裏利用  B5原稿用紙など7枚  
584 フィールドノート  [ヤップ 家族構成調査]  [村は不明]      B5罫紙14枚  
585 メモ  [フィールド調査日程表]        B5罫紙など2枚  
586 草稿  ヤップ社会組織の総論      南洋廳の罫紙を使用  B4罫紙32枚  紐とじ
587 フィールドノート  [マップ島の村落調査(戸数・構成)]        B5罫紙など7枚  
588 手書き地図  [ガチャパル村]    ①メモ(住民調査資料)7枚    A4方眼紙4枚  
589 手書き地図  [ルモ]    ①メモ(住民調査資料)1枚    A4方眼紙4枚  
590 ノート  English-Uap Uap-English  ヤップ語-Eigoの対照表ノート、後半はヤップでのフィールドノート      大學ノート(A5)  
591 フィールドノート  [家族調査]        B5罫紙1枚  破損有
  F-17 ビニール袋  杉浦5 ヤップ2-2          
  F-17-1 封筒  南洋経済研究所  「1.ヤップの部落■合、裏面「オミン ルロ ガチャパル ルモ タープ メルル オカオ」      破損大
592 F-17-1 地図  ヤップ本島一覧圖      青焼き、書き込み多数有  B4紙1枚  
593 F-17-1 手書き地図  [ヤップ]        透過紙(54×40) 1枚  
594 F-17-1 フィールドノート  [各地区言語対照メモ]        B5原稿用紙など14枚  
595 F-17-1 フィールドノート  [各村フィールドノートまとめ]  Ⅰ.ルモン地区 Ⅱ.マップ地区・・・      B5原稿用紙など14枚  
596 F-17-1 フィールドノート  [各地区言語]        B5紙12枚  
597 F-17-1 フィールドノート  [村の階級制]        情報カード(14×9) など5枚  
  F-17-2 封筒    「2.ヤップの氏族」        破損大
598 F-17-2 草稿  ヤップの氏族      民族研究所原稿用紙裏利用  B5原稿用紙4枚  
599 F-17-2 草稿  [ヤップの氏族]      民族研究所原稿用紙裏利用  B5原稿用紙46枚  紐とじ
600 F-17-2 フィールドノート  [メモ]      民族研究所原稿用紙裏利用  B5原稿用紙など5枚  
601 F-17-2 メモ  [原稿構想]  A.社会組織      B5紙1枚  
  F-17-3 封筒  南洋経済研究所  「3.ヤップ親族」        破損大
602 F-17-3 ノート  ヤップの親族関係    ①メモ83枚    A4ノート  
  F-17-4 封筒    「4.家屋の使用 家族とその成員の分担」        破損大
603 F-17-4 草稿  家屋外部の食物の分担      各種原稿用紙裏利用「清書まだ」「清書すみ」書き込みあり  B5原稿用紙58枚  
  F-17-5 封筒  Julius Springer  「6.yegum」        
604 F-17-5 草稿  [各村のyegum]      民族研究所原稿用紙裏利用  B5原稿用紙22枚  紐とじ
605 F-17-5 フィールドノート  [各村のyegum]        B5罫紙など3枚  
  F-17-6 封筒  東京プロセス社  「7.土地制度」        破損大
606 F-17-6 草稿  土地の使用収益簿        B5原稿用紙など93枚  
607 F-17-6 メモ  [文献引用]        B7紙1枚  
  F-17-7 封筒    「9.ヤップの暦と祭事」        破損大
608 F-17-7 メモ  [フィールド・引用文献メモ]  茶封筒入り「ヤップの一年」      情報カード(14×9) など21枚  
609 F-17-7 草稿  神話と地方神の関係-地方神と地方宗教      1枚台紙  B5原稿用紙など21枚  
610 F-17-7 メモ綴(引用)  Yap-Religion        A5ルーズリーフなど27枚  紐とじ
611 F-17-7 草稿  [ヤップの暦と祭事]    ①案内(東京帝國大学宗教學研究室・研究発表会方法)1枚で包括    B5原稿用紙など45枚  
612 F-17-7 ノート(引用)  [独語文献]        B5罫紙30枚  
613   ノート   [ヤップの村々での1年の月の名と行事]    ①地図1枚②メモ3枚    大學ノート(B5)  
614 葉書    思想の科学研究会から杉浦健一宛、思想の科学月例研究会開催通知      官製葉書1通  
615 ノート(フィールド)  Truk Ⅰ 地総集団、酋長、政治、戦争(Bollig)  [地理的説明・地縁集団としての記述]      大學ノート(B5)  
616 ノート(引用)  Truk Ⅱ 家族、氏族、親族組織  "Die Sippe" Kramer S.255 [文献引用メモ]      大學ノート(B5)  
617 ノート(フィールド)  Truk Ⅰ   [語彙他調査メモ]      大學ノート(A5)  表紙破損あり
    紐で結束  (No.618-No.628)  「パラオ」の付箋つき        
618 - ノート(フィールド)  Ⅰ.パラオ土俗研究  Ⅱ.宗教 Ⅲ. A Galap        大學ノート(A5)  
619 - ノート(フィールド)  A Imeungs   [家族・親族組織関係についてのフィールドメモ]  ①メモ1枚②メモ2枚③メモ1枚④メモ2枚⑤メモ1枚⑥メモ1枚⑦メモ2枚    大學ノート(A5)  
620 - ノート(フィールド)  Ⅵ Melekeok 後半Keklau  [パラオMelekeok、Keklau慣習についてのフィールドメモ]  ①カードメモ1枚 ②フィールドメモ5枚 ③手書き図6枚 ④カール・ツァイス合資会社戸澤弘氏名刺1枚    大學ノート(A5)  ノート一部外れ
621 - ノート(フィールド)  Palau Ⅰ第一冊 昭和十二年度  [地縁集団組織関係、階級組織等についてのフィールドメモ]