大学共同利用機関法人-人間文化研究機構-国立民族学博物館

大内 青琥(おおうち せいこ)アーカイブ 解説文

 本アーカイブは、画家・故大内青琥(本名:大内兆、1939-2005)氏旧蔵の、ヤップ島から小笠原までを航海したカヌー「ペサウ号」の建造及び航海に関わる日記・建造記録等61点から成る。

 ミクロネシアの伝統的カヌーの建造技術は、今日ではすでにほぼ失われており、ヤップ島やその離島にわずかに残っているのみである。大内氏は生前、後にヤップ島の首長を務めることになる故ベルナルド・ガアヤン氏の依頼で、ヤップ島での最後の伝統的カヌー建造の初期段階から完成、そして1986年のヤップ小笠原間航海に至るまでを記録した。そこに画家である大内氏手書きのスケッチが多く含まれているところにも価値がある。当時このカヌー建造に関わった主な技術継承者は、その後二人とも他界しており、その意味でもこの記録は貴重である。

閉じる