大学共同利用機関法人-人間文化研究機構-国立民族学博物館

馬淵 東一(まぶち とういち)アーカイブ 解説文

 馬淵東一氏(1909-1988)は、日本における東南アジア島嶼部民族学の開拓者の一人です。1930年代の台湾・高砂族調査から出発し、東南アジア、オセアニアに視野を広げ、インドネシア、琉球・沖縄などで調査を進めました。台北帝国大学卒業後、日本民族学会附属民族学研究所研究員、東亜経済調査局などを経て、戦後は東海大学、東京都立大学、琉球大学、南山大学で教育研究に従事されました。没後1989年に、氏の蔵書とともに、100冊余のフィールドノートや、抜刷、原稿、写真などを民博が購入しました。蔵書・写真以外の資料についての整理がほぼ終わり、その目録を公開します。このうち、台湾、沖縄関係のフィールドノートは、同分野の研究者にとって貴重な資料と考えられます。

 また、蔵書約3,300点は、民博の図書・雑誌目録検索(OPAC)の詳細検索において、キーワード等とともに「コレクション」という項目で「馬淵文庫」と指定すれば検索できます。

閉じる